アニメ&ゲーム カテゴリ

伊藤潤二のホラー漫画『死びとの恋わずらい』、米アイズナー賞「最優秀アジア作品賞」受賞

 アメリカで“コミックのオスカー”と称される権威ある漫画賞のひとつ「第34回ウィル・アイズナー コミック・インダストリー・アワード」(The Will Eisner Comic Industry Awards、 以下アイズナー賞)が、3年ぶりに有観客で開催された「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル2022」の会場で現地時間22日(日本時間23日)に発表され、『伊藤潤二傑作集4 死びとの恋わずらい』(朝日新聞出版)の英語版が、 「最優秀アジア作品賞(Best U.S. Edition of International Material-Asia)」を受賞した。

伊藤潤二氏の漫画『死びとの恋わずらい』が米アイズナー賞「最優秀アジア作品賞」受賞

伊藤潤二氏の漫画『死びとの恋わずらい』が米アイズナー賞「最優秀アジア作品賞」受賞

写真ページを見る

 これまで伊藤潤二作品のアイズナー賞受賞歴は、19年に英語版『伊藤潤二傑作集10 フランケンシュタイン』が「最優秀コミカライズ(漫画化)作品賞」を、 21年には英語版『地獄星レミナ』が「最優秀アジア作品賞」を、 英語版『伊藤潤二短編集 BEST OF BEST』が「Best Writer/Artist部門」をそれぞれ受賞。今回で4度目の受賞という快挙を達成した。 これは、故・手塚治虫氏の5回受賞(Hall of Fameを含む)に次ぎ、大友克洋氏の4回受賞(Hall of Fameを含む)と並ぶ受賞数となる。

■伊藤潤二氏のコメント

 この度、 英語版『死びとの恋わずらい』(VIZ Media)にアイズナー賞を授かりました。2019年、2021年に続いての受賞に、これは夢か現かと驚いております。しかし、これもVIZ Media様から出版していただいている一連の翻訳版の素晴らしい翻訳と装丁が、作品の価値を押し上げてくださっている結果だと思います。

 『死びとの恋わずらい』は、今から26年前に描いた作品です。この作品のテーマは『悩み』でした。『悩み』を具現化したような霧深い町を舞台に、 この町の古くからの風習である『辻占』が起因となる事件を描きました。『辻占』は万葉集にも登場する占いの一種で、夕刻に辻に立って通行人の会話を傍から聞き、その内容から吉凶を占うというものでしたが、私は悩める人があえて通行人に直接悩みを打ち明けて、指南を乞う、という形に変えました。キーマンとして現れる謎の黒服の美少年に対して、悩み多き少女たちが理性を失うさまは、ビートルズなどのスターに熱狂する少女をイメージしました。

 この作品は、当時デビューからお世話になっていた雑誌「月刊ハロウィン」が休刊となった後に、 その増刊として独立した「ネムキ」誌上において心機一転、こん身の精力を注いで取り組んだ連作でした。気力体力ともに充実していた頃の作品で、私自身今も強い思い入れがあり、とても大切にしている作品です。

 本作にこのような栄誉を与えてくださったアイズナー賞の選考委員の皆様に心からお礼申し上げます。そして、いつもお世話になっているVIZ Media様、朝日新聞出版様、加えていつも応援してくださっている読者の皆様に、心から感謝申し上げます。

■伊藤潤二氏 略歴
 1963年7月31日、岐阜県中津川市生まれ。高校を卒業後、歯科技工士学校に進み歯科技工士となるが、1986年に朝日ソノラマの少女向けホラー雑誌「月刊ハロウィン」に創設された新人漫画賞「楳図賞」に『富江』を応募、 佳作入選した事をきっかけに漫画家デビュー。歯科技工士として働きながら、同誌に作品を発表する生活が続いたが、3年後に専業漫画家となる。以後『富江』シリーズ、『双一』シリーズ、『道のない街』、『首吊り気球』、『死びとの恋わずらい』などの作品を執筆し、現在に至る。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. スピンオフ映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』Netflixで12月配信
  2. 2. 安達寛高(乙一)×天野喜孝のスペースホラー『exception』場面写真初解禁
  3. 3. 原作:冲方丁×監督:肥塚正史×制作:WIT STUDIOによる新作アニメ『ムーンライズ』制作決定
  4. 4. ホラー漫画界の奇才・伊藤潤二の新プロジェクト 「富江」「双一」「首吊り気球」アニメ化
  5. 5. アニメ『異世界おじさん』Netflixで7月より配信決定 場面カット解禁
  6. 6. ネトフリアニメ、新情報を一挙発表 『サイバーパンク:エッジランナーズ』ティザー映像など解禁
  7. 7. 伊藤潤二のホラー漫画『死びとの恋わずらい』、米アイズナー賞「最優秀アジア作品賞」受賞

▼ その他の流れをもっと見る

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索