• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

磯村勇斗が語る、自身の恋愛観「嫉妬は邪魔なだけ」「仕事も恋愛も一緒に作り上げていくもの」

『ViVi』12月号に登場する磯村勇斗

『ViVi』12月号に登場する磯村勇斗

写真ページを見る

 俳優の磯村勇斗が、22日発売のファッション誌『ViVi』12月号(講談社)に登場。11月3日公開の劇場版『きのう何食べた?』で相変わらずのワガママ&愛されキャラっぷりを発揮している“ジルベール”役を演じる注目俳優が、自身の恋愛観をたっぷり語った。

【写真】その他の写真を見る


 今回はさまざまな愛のカタチを教えてくれる映画に引っ掛け、「磯村勇斗と愛だの恋だの」をテーマに、インタビュー&眼福過ぎるフォトシューティングを敢行。今回の写真は全てフィルムカメラによるもので、恋人や親友のような素に近い距離感で撮影した。クシャッと甘い笑顔を見せてくれたと思ったら、急に切ない表情になったり……、クルクルと変える磯村の表情ぜんぶから、目が離せない。

 スタッフからのいろんな要望にも嫌な顔ひとつせず対応し、英語が基本のカメラマンとのコミュニケーションもバッチリで、限られた時間の中で、全力で撮影を楽しんだ磯村。スタッフ一同、その一生懸命さに感激していた。

 インタビューでは、家族愛、仕事愛、友ダチ愛、人間愛、自己愛など、いろんな「愛」について語ったほか、恋愛観についてもネホハホ。恋愛に対してのスタンスは、「思いを溜め込まずに言い合える人と一緒にいたい」と、とても真っ直ぐ。他にも、大切な人にしてあげたいことや、女性にドキッとする瞬間を聞くと、ものすごくリアルな回答を返す。

 「嫉妬は邪魔なだけ」と断言し、仕事も恋愛も「一緒に作り上げていくもの」と気づいたと話す磯村。男気と優しさと、あったかさで溢れた彼に、今まで以上にメロメロになるはず。さらに、ViVi公式YouTubeでは、10月29日の午後7時より、磯村の「7秒チャレンジ」動画を公開。「最高の息抜きは?」「仕事で仲良くなった有名人は?」など、プライベートについての質問もぶつけている。

 同号の通常版の表紙はViViモデルの藤田ニコル、「増刊」の表紙は川村壱馬×吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、特別版の表紙は11人組グローバルボーイズグループ・INI(アイエヌアイ)。

関連写真

  • 『ViVi』12月号に登場する磯村勇斗
  • 『ViVi』12月号通常版表紙
  • 『ViVi』12月号増刊表紙
  • 『ViVi』12月号特別版表紙

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索