アニメ&ゲーム カテゴリ

武豊「ウマ娘おじさん」の呼び名に喜び コンテンツの盛り上がりは「競馬の世界にとっても非常に良い」

武豊騎手 (C)ORICON NewS inc.

武豊騎手 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 クロスメディアコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクターであるウマ娘たちを演じているキャスト陣が9日、NHK総合の音楽番組『シブヤノオト and more FES.2021』に出演。同作品のプロモーターを務めた騎手・武豊が、ビデオ出演し、『ウマ娘』の盛り上がりや自身への影響を語った。

【写真】その他の写真を見る


 『ウマ娘』は、サイレンススズカやゴールドシップなど実在した競走馬を美少女にして、その活躍を描くメディアミックスコンテンツ。世界観は、実在する競走馬の名前と魂を受け継ぎ、ウマの耳と尻尾を持つ「ウマ娘」と呼ばれる少女たちが、仲間やトレーナーたちと学園生活を送りながら<トゥインクル・シリーズ>制覇を目指す世界が舞台で、ゲーム化、2度のテレビアニメ化、漫画化されている人気コンテンツ。

 登場キャラクターの中には、武豊騎手が実際に騎乗したことがある競走馬・スペシャルウィーク、サイレンススズカなどが数多くおり、武豊騎手は約3年前に『ウマ娘』のプロモーターに就任し、『ウマ娘』CMやテレビアニメ(本人役)に出演した。

この日、番組では「社会現象」と紹介された『ウマ娘』。最初に『ウマ娘』のコンテンツを知った時の印象について武は「馬なのか人なのか、初めて伺った時は難しかったですけど、新しいなと思いました」と苦笑い。

 しかし、アニメ出演したことで「ある日、親子でお母さんと娘さんだったのですが、『ウマ娘のおじさんだ』と言われて…」と今までにない自身への反響を明かし、「『そうだよ〜』と言って、うれしかったです。競馬の世界にとっても非常に良いことだと思いますし、良い経験をさせていただいたと思います」と伝えた。

関連写真

  • 武豊騎手 (C)ORICON NewS inc.
  • ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のビジュアル(C)Cygames, Inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索