乃木坂46・伊藤純奈と渡辺みり愛が卒業へ ブログで感謝と思いつづる

 アイドルグループ・乃木坂46伊藤純奈渡辺みり愛が、27thシングル「ごめんねFingers crossed」(6月9日発売)の活動をもってグループから卒業することが16日、公式サイトで発表された。

 サイトでは「伊藤純奈と渡辺みり愛ですが、先ほど本人たちのブログ内で発表させていただいた通り、27thシングルの活動をもって乃木坂46から卒業することになりました」と報告。「具体的な卒業時期等に関しましては、決まり次第ご報告させていただきます。今後とも、伊藤純奈、渡辺みり愛、乃木坂46の応援のほど宜しくお願い致します」と伝えている。

 伊藤はブログを通じて「私、伊藤純奈は乃木坂46を卒業します。14歳で乃木坂に入って今は22歳。8年間とてもとてもお世話になりました。何もできない、何もわからない状態からスタートしてたくさん自分のことを知れた気がします」と回顧。

 「周りの仲間たちが卒業をしていく中で自分もこの先のことを考えるようになりました。卒業について考える時間が増えて、悩んで、やっぱりいまの自分はもう乃木坂にいるのではなく知らない道に進んでいくべきだと思い、卒業を決めました」と説明し「残り約3ヶ月。最後まで乃木坂46の伊藤純奈をよろしくお願いします」とメッセージした。

 渡辺も卒業の報告とともに「私の中では1年半程前から悩みに悩んでスタッフさんと相談させて頂き決めていました」と明かし「13歳で入り、乃木坂46として活動してきた8年間は大切な宝物です」とし、メンバーやファンや支えてくれた人たちに感謝の思いなどを記している。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索