DIR EN GREY所属事務所から8番目のアイドルグループ「MiiS」誕生 カミヤサキが振り付け

 ビジュアル系バンドDIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)の所属事務所「サンクレイド」から、8番目のアイドルグループとしてMiiS(ミース)が誕生した。

【写真】その他の写真を見る


 同グループは、「アイサレタイ症候群」をコンセプトに、等身大の自分たちを表現しようと1月23日に結成された5人組。2日にミュージックビデオが公開されたデビュー曲「i.」はBiSGANG PARADEの元メンバーであるカミヤサキが振り付けを担当している。

 作詞の「ゆあいあや」は「今回、初めて歌詞を書かせてもらいましたが、“愛のi”“自分のi”“MiiS のi”…たくさんの“アイ”を込めました。振り付けのハートをフリフリするところが可愛いので、一緒に踊ってくれるとうれしいです」とコメント。

 2月19日にはメンバーの「にーな・うぁぷら」生誕祭が目黒鹿鳴館で開催される。

 同事務所には、2o Love to Sweet Bulletを筆頭に、君に恋をした。、エモらび、ぴりおど。、凜cent、EUPHOLIC、芯辣meltという7組のアイドルグループが所属しており、MiiSは8番目となる。

関連写真

  • MiiS
  • 上段左からMiiS・ひなのぴーす、ゆあいあや、振り付けを担当したカミヤサキ、MiiS・宇佐美暖、城咲そら、にーな・うぁぷら

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索