歌手のMISIAが、田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』(5月公開)の主題歌を担当することが7日、発表された。MISIAにとって、2021年第1弾となる新曲「想いはらはらと」の作詞作曲はゲスの極み乙女。川谷絵音が手掛け、長崎県出身の2人が初めてコラボ。MISIAは「本当に雪のように、歌が降り積もってきて、それによって心が溶けてきて素直な気持ちが現れてくるようだと感じ、はらはらと涙が出ました」と川谷の楽曲から感銘を受けたことを語っている。 本作は1998年、長野冬季五輪のラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得した岡部孝信斎藤浩哉原田雅彦船木和喜の4選手を裏で支えたテストジャンパーにスポットを当てた実話を描いたもの。田中は、94年リレハンメル大会のスキージャンプ団体で日本代表をけん引するも銀メダルに終わり、長野五輪では代表落選を味わった西方仁也氏を演じる。

この記事の画像

  • 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』の主題歌を担当するMISIA(C)2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会
  • MISIAに楽曲提供をした川谷絵音(C)2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会
  • 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』メインカット

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索