アニメ&ゲーム カテゴリ

『ドラえもん』7万円漫画セット好調、最終受注数1万1751件 関連書籍も根強い人気

愛蔵版全45巻セット「100年ドラえもん」

愛蔵版全45巻セット「100年ドラえもん」

写真ページを見る

 1日に発売された人気漫画『ドラえもん』の「100年先の未来まで届けたい」をコンセプトに作られた愛蔵版全45巻セット『100年ドラえもん』(定価:7万円税別)。小学館は5日、最終受注数が1万1751セットの申し込みがあったことを発表した。小学館のドラえもんルーム編集長・徳山雅記氏は「『ドラえもん』の持つパワーを改めて感じています」と反響に驚いている。

【写真】その他の写真を見る


 『100年ドラえもん』は、『ドラえもん』が小学館の幼児・学習雑誌である6つの雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)の1970年1月号に初登場して以来、今年で50周年を迎えたことを記念して企画されたもの。

 『ドラえもん』出版史上初となる全巻ハードカバー・布クロス装となっており、この本を100年先、ドラえもんが誕生する22世紀まで残したいという思いを込めて、用紙から印刷・製本まで経年劣化を極力軽減することを意識した仕様に。掲載原稿はすべて最新の技術でリマスターされているほか、多くの購入特典も用意されており、企画発表時から多くの申し込み、問い合わせが寄せられていた。

 そのため、原材料の確保と加工などに非常に時間がかかることもあって、8月に年内発送分は1万セットまでと発表。しかしその後、製作工程の見直し、スピードアップにより、8月31日までのお申し込み分については、すべて発売日である12月1日(『ドラえもん』の連載開始日であり、藤子・F・不二雄先生のお誕生日)に届けるようにした。

 想像以上の反響に小学館ドラえもんルーム編集長・「100年ドラえもん」編集チーフの徳山雅記氏は「今回、こちらの予想を大きく上回る1万2000セット近いお申し込みをいただき、とてもうれしく思うと同時に、『ドラえもん』の持つパワーを改めて感じています」と驚きつつ、「また、SNS上の皆さまの投稿やアンケートでのご感想も、ありがたく拝見しています。今後もドラえもんの魅力を伝える様々な企画を考えて参りますので、楽しみにお待ちください」と呼びかけた。

 なお、漫画『ドラえもん』のコミックス&関連書籍は、この1年間(2019年12月〜2020年11月)で発行部数が500万部(紙のみ)を突破している。この盛り上がりのけん引役となったのは、全6種類の異なる第1話を完全収録した『ドラえもん』0巻で、『ドラえもん』全45巻も重版に次ぐ重版を実施する状況が続いているほか、、『映画ドラえもん』シリーズのノベライズや、ドラえもんが登場する児童書、学習漫画なども軒並み好調の売れ行きが続いている。

 小学館のコミックス担当者は「かつて『ドラえもん』読者だった方々にも読まれたことが、ヒットにつながったと分析しています」と説明。さらに、発行部数が伸びた要因として「3月からの全国一斉休校の影響もあり、児童向け書籍・コミックスの売上金額が伸びたことも挙げられます。この時期に、児童が学校に行けない中で、『ドラえもん』のコミックスや関連本が選ばれ、多く読まれたことも、この1年間の売上から読み取ることができます」と分析した。

 ドラえもんルーム室長の松井聡氏は「この一年は藤子・F・不二雄先生が描かれた『ドラえもん』の人気のすごさに改めて驚かされました。まさに日本一の漫画です。今後も『ドラえもん』の春の映画、そしてあっと驚く新企画の数々にご期待ください!」と伝えた。

関連写真

  • 愛蔵版全45巻セット「100年ドラえもん」
  • 愛蔵版全45巻セット「100年ドラえもん」
  • 愛蔵版全45巻セット「100年ドラえもん」

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索