E-girls、デビュー記念日12・28にラストベストアルバム 2枚組全29曲、特典映像はMV15曲

 11人組ダンス&ボーカルグループ・E-girlsが、12月31日をもって解散し、デビューである12月28日にベストアルバム『E-girls』をリリースすることが決定。ジャケット写真と新ビジュアルが公開された。

【写真】その他の写真を見る


 11人体制での初シングル「Love ☆ Queen」以降、「So many stars」までの全てのオリジナル楽曲と、新曲「eleven」を収録。さらに「E-girls LIVE TOUR 2018 〜EG 11〜」で披露したEXILEのカバー曲「VICTORY(E-girls version)」を加えた2枚組全29曲を収録する。

 新曲「eleven」は、11人のメンバー全員がこれまで歩んできた道のりへの想いを込めてつづった言葉を、11人体制以降大半のE-girls楽曲のボーカルディレクションを担当してきた和田昌哉氏が歌詞としてまとめる事で生み出された作品。

 「ここにいる11人(仲間)で守り続けたもの」「一緒に過ごした瞬間は永遠」彼女たちの心からのメッセージと、E-girlsらしい明るくキラキラしたトラックが調和した、ラストを飾るのにふさわしい楽曲が完成した。

 特典のDVD/Blu-ray Discには現在の11人体制以降のミュージックビデオ15曲と、初公開を含むダンスプラクティスビデオが収録される。

関連写真

  • 12月28日にベストアルバムを発売するE-girlsの新ビジュアル
  • E-girlsのラストベストアルバム『E-girls』

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索