• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • JO1『ViVi』カバーモデル抜てき 東方神起、1D、EXOに続く快挙

JO1『ViVi』カバーモデル抜てき 東方神起、1D、EXOに続く快挙

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1が、21日発売の女性ファッション誌『ViVi』10月号(講談社)の表紙に初登場した。2018年1月号の東方神起以来となる男性グループの同誌カバーで、37年という長い歴史の中でも男性グループが表紙を飾ったのは、ONE DIRECTIONやEXOなどグローバルに活躍するグループばかり。3月にデビューしたばかりのJO1が、快挙を成し遂げた。

 ViViスタッフのこの表紙にかける思いがメンバーにも伝わったのか、ヘアメイクについてスタッフ同士で相談していると、川尻蓮が「サイドを固める感じはどうですか?ここぞというタイミングで見せようと思っていたので、ぜひViViの表紙でやらせてください!」と自ら提案するなど、撮影前からメンバーたちも気合十分。

 表紙撮影が終わると、リーダーの與那城奨は「みんなー集まってー」とスタジオの外にメンバーを整列させ、ちゃんと11人いることを指差し確認すると「本日は撮影ありがとうございました! これからも僕たち頑張るので、応援よろしくお願いします!」とスタッフ全員に感謝のあいさつ。與那城の頼れる兄貴感に感動するのはもちろん、これからもViViはJO1を応援していこうと心を動かされた瞬間となった。

 誌面では「未来をつかむ者たち」というテーマで10ページの大特集も掲載。デビュー直後にステイホーム生活を余儀なくされたメンバーの葛藤や新曲にかける思い、なかなかアーティスト活動ができなくても見守ってくれたファンに伝えたかったこと。真面目モードなメンバーの思いがたっぷりとつづられている。

 さらに今回は、JO1のメンバーへの質問や誌面でやってほしいことをTwitterを通じて事前に募集。全国のJAM(JO1のファン)から集まった多数の質問やリクエストの中で、「1000円渡されたらコンビニで何を買う?」「叩いてかぶってジャンケンポンが見たい!」「ヨナシロ先輩の衣装だけ袖がないのが心配です」といったさまざまな質問や要望にメンバーが応えた。

 同誌の人気企画「国宝級イケメンランキング」で3位に選ばれた川西拓実は、用意していた叩いてかぶってジャンケンポンがどうしてもやりたくて、「ヘアセットが崩れるから最後にしようか」とヘアメイクに言われてもなお、ハンマーを握りしめ手でポコポコ練習する、少年のような一面を披露。河野純喜鶴房汐恩大平祥生が叩いてかぶってジャンケンポンをやる中、監督のように後ろで手を組み、眺める與那城。掛け声をするのが仕事なのか、毎回「はい、それではいきます。叩いてかぶってジャンケンポン!」と良い声でゲームを仕切る場面も見られた。

 JO1が同誌に登場するたびに好評だった【毎日JO1企画】もViViの公式TwitterとYouTubeで再始動する。

関連写真

  • 『ViVi』10月号表紙を飾るJO1
  • 『ViVi』10月号表紙を飾るJO1

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索