• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 城島茂、“社長”と紹介され照れ笑い 長瀬智也の退所報告しエール「何をやっていくのか僕らも楽しみ」

城島茂、“社長”と紹介され照れ笑い 長瀬智也の退所報告しエール「何をやっていくのか僕らも楽しみ」

 人気グループ・TOKIO城島茂(49)が25日、メインMCを務めるテレビ朝日系情報番組『週刊ニュースリーダー』(毎週土曜 前6:00〜8:00)に出演。長瀬智也(41)が、来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを生報告した。

 長瀬の退所は22日に同事務所の公式サイトで発表。TOKIOは来年4月1日付で「株式会社TOKIO」をジャニーズグループの関連会社として設立し、城島、国分太一(45)、松岡昌宏(43)の3人で活動を続ける。

 番組でニュースが取り上げられ「社長」と紹介されると、城島は照れ笑い。その後に経緯を説明した。退所については「発表は今週だったので、皆さんは突然で驚いたかもしれませんけど、数年前から要所要所でメンバーが集まって音楽活動をやっていく中でのいろんな話し合いをしてきた。その中で長瀬本人も、いろんなことをやりたいんだなと感じていました」と明かす。

 昨年来、話し合いの機会も増え、次の道へ進みたいという意向を示したとそう。「今年の頭に本人の意思を、もう1度確認して、セカンドステージ、次の道へ進みたいということだった。だったら温かく見送ろうじゃないかとメンバーの意見が一致しました」と振り返る。もともと、TOKIOは方向性が違うメンバーが集まって結成。「長瀬のやりたいことをすんなり受け止めましたね」と当時の心境を思い返した。

 長瀬の今後については「彼自身はマニアックな人間。バイクだったり、スケボーだったり、いろんなやりたいことがある。ソロデビューするのかと思ったけど、そういうわけじゃない。いろいろ裏方でやりたいという話だった。『事務所の移らないの?』って言ったら『そういうことじゃない』と」と裏側を語る。そして「本当に想像力豊かな人間。今後、何をやっていくのか僕らも楽しみ」と笑顔で期待し、TOKIOのこれからについては「これまで以上に頑張っていきたい」と力を込めていた。

 ジャニーズ事務所は「2021年4月1日より城島茂・国分太一・松岡昌宏の3名が株式会社TOKIOを設立し、ジャニーズグループ関連会社として運営することとなり、長瀬智也は、ジャニーズ事務所を退所し、個人として別の道を歩むことになりました」と報告。

 株式会社TOKIOについては、城島が社長として、国分と松岡は副社長として経営に携わる。「ジャニーが命名したTOKIOという看板は今後も背負った形で、グループと個人の仕事を今まで以上に自由度高く、新しい仕事に積極的に挑んでいきます」と説明していた。

オリコントピックス

 を検索