• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 奥田民生、伊集院光と“芳賀ゆい”トーク 30年前の秘話明かす「大笑いしたんですよ」

奥田民生、伊集院光と“芳賀ゆい”トーク 30年前の秘話明かす「大笑いしたんですよ」

 ミュージシャンの奥田民生が、10日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』(月〜木 前8:30)のゲストコーナーに出演した。

 パーソナリティーを務める伊集院光と奥田の関係は、1990年までさかのぼる。当時、伊集院がプロデュースした“架空のアイドル”芳賀ゆいの楽曲「星空のパスポート」を、奥田が作詞を担当したという縁があるが、それ以降は互いにいつ会ったのか思い出せないほど、久しく対面していないという。

 この日のゲストコーナーでは、まず“芳賀ゆい”の話になり、伊集院が「架空のアイドルを作るって言って、その時の作詞をしてもらっているんですよ」と紹介した上で、制作に関わったスタッフについてトークを展開。伊集院が「覚えているのは、そのCDができるまでみたいなVTRの中で、奥田さんが狐につままれたような顔で『いろいろあって、これをやることになりました』って」と続けると、奥田は「そうですね。確かに、流れてくるのを他人事のように見ながら、やっていた部分があったと思います」と話すなど、和やかな雰囲気で展開した。

 奥田が「あの曲ね。『子犬たちが立ち尽くす』って歌詞があったと思うんですけど、それがすげー面白くて(スタッフと)大笑いしたんですよね。犬は、普段から立ち尽くしているからね」となつかしんでいると、伊集院が「僕、かわいいアイドルの募集をしていたんですけど」と笑い声でツッコミを入れた。

 番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

オリコントピックス

 を検索