• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 笠井信輔アナ、ラジオで5ヶ月ぶり仕事復帰「幸せです」 池江璃花子選手が励みに

笠井信輔アナ、ラジオで5ヶ月ぶり仕事復帰「幸せです」 池江璃花子選手が励みに

 悪性リンパ腫で闘病し4月30日に退院したフリーアナウンサーの笠井信輔(57)が15日、文化放送『くにまるジャパン 極』(月〜金 前9:00)に自宅からリモート出演し、仕事復帰を果たした。第一声では「こんなに早く声をかけていただいて幸せです」と喜びを語った。

 笠井アナは「フリーになってすぐに出させてもらったので、最初の仕事が『くにまるジャパン』は感慨無量です。フリー後、すぐに使ってくれたので一生、忘れないでしょうね」と番組への感謝の思いを口にした。

 入院生活については「具合が悪いときと、元気なときを行ったり来たりして、変わった入院生活を送っていました」といい、抗がん剤治療については「回数を重ねるごとに慣れるという意見もありますが、3回目からドンドンときて、6回目が一番きつかったです。何も食べなくても大丈夫な感じなんですが、食べないと体力が減るので、食べることが戦いでした」と闘病生活を語った。

 さらに「自分自身は池江璃花子さんに励まされました。僕より症状はきついはずですが、復活して『次の次のオリンピックを目指す』というのを見たときは泣きました。自分がこんなことでくじけてはいけない」と池江選手の姿に勇気をもらったことを明かした。

 退院後については「ほとんど部屋にこもっている」とし「食事も家族とは別です。家族団らんも一切ありません。コロナにかかる方が怖いので」と、まずは自身の体を大切にしていくとした。

 13日に自身のインスタグラムを更新した笠井アナは「フリーになってすぐにお世話になった文化放送の朝の人気番組『くにまるジャパン極」』が、早速、声をかけてくれたのです」と報告。

 さらに、きょう15日にはラジオ出演前にブログを更新。体調を気遣う声に対しては「自宅の自室から電話をかけるだけですので、全然問題ございません。むしろ、『話す仕事』へ久しぶりに復帰できると言うことで、気持ちが上がり、幸せな気分でいます。免疫力が上がって体にはとても良いことだと自分では感じています。それだけ、仕事が、話すことが好きなんです」と意気込んでいた。

 笠井アナは昨年12月19日に病を公表し、その後約4ヶ月にわたり入院していたが、4月30日に退院した。

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索