末吉秀太、チャリティーマスクを発売 収益の一部を寄付「皆さんと一緒に何かできないかと」

 ダンス&ボーカルグループ・AAA末吉秀太が26日、自身のアパレルブランド『Armillary.』でチャリティーマスクの制作・販売を開始。その収益の一部を日本赤十字社に寄付すると発表した。

 末吉は「この度、僕のブランドから、洗って繰り返し使用できる素材のチャリティマスクを制作・販売し、その収益の一部を日本赤十字社様に寄付させていただくことにしました。医療現場で新型コロナウイルスと様々な形で向き合ってくださっている皆様に、少しでもお役立ていただければと思っています」と報告。

 続けて「新型コロナウイルスが招くあらゆる問題に対し、何か少しでも自分にできることはないかと考え、SNSなどを通じてファンの皆さんと接する機会がある中で、自分達も同じ思いがあるのに力になれなくて歯がゆいし、悔しい、という言葉を多数いただきました」ときっかけを説明。「その思いを受けて、同じ気持ちを持っている者同士、皆さんと一緒に何かできないかと、自宅で曲を制作するのと同時進行で、この企画を立ち上げることにしました」と経緯を伝えた。

 最後は「収益を寄付させていただく際に、わずかではございますが、僕個人からも寄付金を納めさせていただきます。一日でも早くこの状況が改善することを心から祈っています」と結んでる。

 同マスクは1枚1,000円(税別)。『Armillary.』公式サイトにて1回3枚まで購入可能。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索