アニメ&ゲーム カテゴリ

アニメ『鬼滅の刃』初のゲーム化で2本発表 スマホ&PS4で20年配信&21年発売

 人気テレビアニメ『鬼滅の刃』が初めてゲーム化されることが16日、わかった。アニプレックスより、スマートフォン向けアプリゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』を2020年に配信、プレイステーション4用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』を21年に発売。アニメを原作とするゲームはこれが初タイトルとなる。

【写真】その他の写真を見る


 これは、アニプレックスが、きょう16日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)16号の誌面で「2大ゲーム化プロジェクトが進行中」と題して発表したもの。アプリゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』のジャンルは、非対称対戦型サバイバルアクションで、プレイヤーが鬼殺隊と鬼の陣営に分かれて戦う非対称型のマルチプレイゲームになると明かされた。

 鬼殺隊は味方の隊士と協力しながら鬼の滅殺を目指し、鬼殺隊の前に立ちはだかる鬼は鬼殺隊の殲滅を狙う内容に。作中の世界観を再現したマップ上で、キャラクターたちが持つスキルや技を武器に、“鬼狩り”VS“人喰い鬼”の死闘が繰り広げられる。

 基本プレイは無料でアプリ内課金はあり。開発・運営はQuatro A、開発協力はソレイユ、企画・配信はアニプレックスが担当し、テレビアニメの制作を手がけるufotableが描き下ろしたキービジュアルが公開された。

 プレイステーション4用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のジャンルは、対戦アクションゲーム。家族を殺された仇を討つため、鬼に変えられてしまったたった一人の妹・禰豆子を人に戻すため、プレイヤーは鬼殺隊剣士・竈門炭治郎となり、人々に襲い掛かる鬼を討つ。メーカーは、アニプレックス。両作品のゲームシステムなどの詳細は追って発表される。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月より『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画が原作で、大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー。

 昨年4月から9月までテレビアニメが放送され、続編となる劇場版の公開が今年控えており、コミックスは現在19巻まででシリーズ累計4000万部を突破するなど人気作品で社会現象化している。

関連写真

  • スマートフォン向けゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』のキービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)Aniplex Inc.
  • 『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』のロゴタイトル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)Aniplex Inc.
  • プレイステーション4用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のロゴタイトル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会
  • アニメ『鬼滅の刃』がゲーム化(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)Aniplex Inc.  (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索