アニメ&ゲーム カテゴリ

冲方丁氏、マガジン新連載を絶賛 法廷漫画に「斬新な切り口」

 小説『十二人の死にたい子どもたち』の著者で、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』シリーズ構成・脚本などで知られる作家・冲方丁氏が、12日より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載がスタートした『XEVEC』を絶賛するコメントが公式サイトで公開された。

 物理的法廷バトル漫画『XEVEC(ゼベック)』は、2057年の東京湾に浮かぶ人工都市ヘミスフィアが舞台。そこは“法”が物理的な力となって人々を平等に守る量子AI“XEVEC”システムを導入しており、あらゆる不正を一掃した。ヘミスフィアは“理想郷”として、正しい人が正しく報われる、恒久の平和が保証された超法治社会と思われていたが、ある事件が起きて状況が変わっていく…。

 SFの世界観ということもあり冲方氏は「法律というややこしいものが痛快エンタメに化けるさまはお見事! この尽力は敬意に値するし何より面白い。法律の役割の一つが暴力の抑止であり、それが逆に不公平にもなりうるという事実を、こういう斬新な切り口で描くのかと感心しました」と説明。

 「学校でも家庭でも『法律との付き合い方』を教わらず敬遠しがちな私たちに、法律闘争という刺激的な疑似体験を与えてくれるすごい作品。とにかく続きが読みたくなりました」と同作の虜になっていると伝えた。

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索