アニメ&ゲーム カテゴリ

鈴木達央、格闘技アニメに魂注入「世界に誇れる作品になった」

 現在、NetflixにてPart 1&Part 2が世界独占配信中で、1月10日よりTOKYO MXほかにてテレビ放送が決定している話題の格闘技アニメ『ケンガンアシュラ』。その魅力を、主人公・十鬼蛇王馬役の声優・鈴木達央が語る。

【写真】その他の写真を見る


 同アニメは、WEBコミックサイト「裏少年サンデー」、コミックアプリ「マンガワン」で配信されている本格格闘技漫画(原作:サンドロビッチ・ヤバ子、作画:だろめおん)が原作。企業が格闘家を雇い、地下格闘仕合「拳願仕合(ケンガンジアイ)」の勝敗で利権を奪い合うという、経済界を舞台にした斬新な世界観、スケールの大きな物語卓越した格闘描写、多彩なキャラクターで熱狂的な人気を得ている。

――Netflixではイッキ見することができますが、改めてテレビ放送が決まってどう思いましたか?

【鈴木達央】ほかのテレビアニメシリーズ同様に、『ケンガンアシュラ』の続きを観るのが週1回の楽しみになってもらえたらうれしいですね。「拳願絶命トーナメント」での王馬の闘いをみるのがこの作品の肝なので、ラグビーW杯で日本代表の試合を待っていたように、彼の仕合を楽しみにしていてほしい。

――利害が対立する企業同士が、腕自慢の代理を立てて、一方が倒れ伏すまで闘わせるという発想が面白いですよね。

【鈴木】いろんな企業同士の仕合があって、さまざまな企業が出てくるんですが、「あれ? この名前って…」と、実在の企業を想起させるものがあって、ニヤッとしちゃうと思うんです。それも、わりとわかりやすく散りばめられている(笑)。アニメ化にあたっては、登場する企業のロゴも一つひとつ丁寧に描かれているので、細かいところまで楽しんもらいたいですね。

――王馬の闘いのシーンの映像も斬新ですよね。

【鈴木】岸誠二監督は『ケンガンアシュラ』というフィクションの世界で、原作のキャラクター性を損なわずどれだけリアリティーを追求できるかに挑戦したいとおっしゃっていて、それで3DCGアニメーションで制作されているんですが、すごく意欲的な、日本でもなかなか珍しい格闘技アニメができたんじゃないかな、と思っています。Netflixで世界配信されているということもあって、世界に誇れる作品になったと思っています。

■実写の格闘技の試合を観ているようなアニメ

――格闘シーンのアフレコも大変だったのではないですか?

【鈴木】ハリウッド映画のモーションキャプチャーとはちょっと違いますが、幅広いジャンルの格闘家や格闘技経験者をモーションアクターとして招いて、作中のアクションを演じてもらい、その様子を撮影した映像を元にしてキャラクターの動きを作るという手法が採られているんです。アフレコの収録でも実写映像を見ながら声を当ていました。リアルさを出すためにプロレス技をかけられた声優もいます(笑)。でも、すべてリアルかというと、実はフィクションでした、という声も入っていて。特に王馬に関しては、フィクションとノンフィクションを混ぜ合わせたような声を使うようにしていました。一番大切なのは、物語への没入感をさまたげないこと。実写の格闘技の試合を観ているようだった、という感想をいただくとすごくうれしいですね。

――ノンフィクションの要素が混ざっているから、より面白い。アニメーション作品の醍醐味ですよね。

【鈴木】そうなんですよ。実際の格闘技の試合を観ているような気分になれるし、テレビ中継のカメラでは不可能なアングル、距離感で描かれたシーンも混ざっている。アニメだから出せる面白さですよね。異種格闘技戦が観られるのも『ケンガンアシュラ』の魅力。剣道と柔道どっちが強い?みたいな子どもの頃に抱いた純粋な発想の延長線上にあるのが「拳願絶命トーナメント」なんですよね。トーナメントが始まると、一つの仕合を1話の中でたっぷり観られて、満足感もあると思います。

――いつでも「俺は最強」と言い切る王馬がかっこいいですよね。鈴木さんが王馬というキャラクターから影響を受けたことはありますか?

【鈴木】『ケンガンアシュラ』に携わるようになって、キックボクシングを始めました! フィットネス感覚なんですが、まさに血肉になってますね(笑)。いままではテレビでタイトルマッチの中継をしていたたら、観ようかな、と思うくらいだったんですが、格闘技に関する情報をキャッチする感度も高まっているし、格闘家たちのコメントを読むのも好きになりましたね。

――最後に、『ケンガンアシュラ』は鈴木さんにとってどんな作品になりましたか?

【鈴木】通常、30分アニメで24話というと、半年くらいで収録していくんですけど、この『ケンガンアシュラ』は倍の1年ちかくかかっているんです。それだけ長い期間、王馬と過ごしてきて、彼に自分の魂の一部を分け与えたような感覚になっています。その心は、観ていただければ、視聴者の皆さんも伝わると思っています。王馬が1話ずつ、1仕合ずつ成長していくのと同時に、僕も一緒に成長できたと感じられました。作品の中での王馬の成長=僕の成長にも注目していただけたらと思います。王馬としてしっかり魂は残せたと自負しています。

■配信・放送情報
NetflixにてPart 1&Part 2全世界独占配信中
TOKYO MX:1月10日スタート、毎週金曜 深1:35
MBS:1月11日スタート、毎週土曜 深3:38
BS日テレ:1月14日スタート、毎週火曜 深1:30
テレビ愛知:1月11日スタート、毎週土曜 深1:50
TVQ九州放送:1月10日スタート、毎週金曜 深1:58
※放送日時は変更になる可能性あり。

関連写真

  • アニメ『ケンガンアシュラ』主人公・十鬼蛇王馬を演じる声優の鈴木達央 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ『ケンガンアシュラ』主人公・十鬼蛇王馬を演じる声優の鈴木達央 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ『ケンガンアシュラ』NetflixにてPart 1&Part 2が全世界独占配信中。1月10日よりTOKYO MXほかでテレビ放送(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん,小学館/拳願会
  • アニメ『ケンガンアシュラ』episode01 「拳願」。うだつのあがらないサラリーマン山下一夫は、偶然にも路地裏で行われていた死闘を目撃してしまう(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん,小学館/拳願会
  • アニメ『ケンガンアシュラ』episode01 「拳願」。自身の何倍もの大きさのある巨漢をいとも簡単に倒す十鬼蛇王馬(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん,小学館/拳願会
  • アニメ『ケンガンアシュラ』episode01 「拳願」。十鬼蛇王馬(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん,小学館/拳願会
  • アニメ『ケンガンアシュラ』episode01 「拳願」。拳願仕合の存在を知った山下一夫は、自身の務める乃木グループの会長、乃木英樹に呼び出され、十鬼蛇王馬の世話役に任命されてしまう(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん,小学館/拳願会

オリコントピックス

 を検索