• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 年間1000本のお笑いライブ制作、K-PRO・児島気奈氏に密着 若林も絶賛「あの人のお笑い愛はヤバイ」

年間1000本のお笑いライブ制作、K-PRO・児島気奈氏に密着 若林も絶賛「あの人のお笑い愛はヤバイ」

 きょう3日放送のカンテレ・フジテレビ系『セブンルール』(毎週火曜 後11:00〜11:30)は、東京の劇場を中心にお笑いライブを制作する「K−PRO」代表の児島気奈氏(37)へ密着する。

【写真】その他の写真を見る


 一般的なお笑いライブは、芸能事務所が主催し、そこの所属芸人が出演するケースが多いが、K−PRO主催のライブでは、事務所の垣根を超え多くの芸人が出演。バイきんぐ小峠英二は「毎回あれだけお客さんが入るライブは他にはないんじゃないか」と語り、アルコ&ピースの酒井健太も「K−PROはライブ界だったら一番じゃないか」と賛辞を送るほど、
今を時めく多くの芸人からも信頼を集めている。

 内気な性格だったという児島氏のお笑い愛の原点は、社会現象にまでなった『タモリのボキャブラ天国』。当時小学生だった児島氏は、それからお笑いに目覚め、朝から晩まで全チャンネルを録画し、自身で編集をするほどお笑いにのめり込んでいった。孤独な中学時代を経て高校に入ると、全国のお笑いファンと文通するようになり、その文通相手に誘われ、初めてお笑いライブを手伝ったところ、芸人への尊敬の念を深めていき、22歳の若さでK−PROを立ち上げた。

 昨年は1000本以上のお笑いライブを手がけた児島氏は、バラエティー番組では今注目の若手芸人を紹介する解説員も担当。さらに、賞レースでは出場芸人からのオファーで、コントの音出しを担当することもあるほどで、当の本人も「お笑いと結婚しているつもり」と公言するほど、すべての情熱をお笑いに注いでいる。

 現在のような売れっ子芸人になる前から、K−PROのライブに出演していたというオードリー若林正恭は、児島氏とは昔から面識があるため「あの人のお笑い愛はヤバイ」と何度も口にする。そんな児島氏が、当時の若林の様子を赤裸々に語るVTRが流れると、若林はたまらず「セブンルールでそんなこと言わないでよ!」と恥ずかしそうにコメントする。

関連写真

  • 3日放送の『セブンルール』の模様(C)カンテレ
  • 3日放送の『セブンルール』の模様(C)カンテレ
  • 3日放送の『セブンルール』の模様(C)カンテレ
  • 3日放送の『セブンルール』の模様(C)カンテレ
  • 3日放送の『セブンルール』の模様(C)カンテレ

オリコントピックス

 を検索