• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • アンタッチャブル10年ぶり復活でネットに歓喜&感動の声 三村マサカズも「やったな!」トレンド1位に

アンタッチャブル10年ぶり復活でネットに歓喜&感動の声 三村マサカズも「やったな!」トレンド1位に

 お笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣(44)が29日放送のフジテレビ系バラエティー番組『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。2010年2月から約1年間にわたって休養に入って以来、コンビでの活動は行われていなかったが、この日の終盤に相方の山崎弘也(43)がサプライズで登場し、約10年ぶりとなるコンビ共演を果たした。まさかの復活にネット上では歓喜の声があふれ、ツイッターのトレンドワード1位を獲得した(午後11時50分時点)。

 この日のエンディング、まずは山崎に扮した
小手伸也が登場。柴田と漫才を披露するも、小小手が「ちょっとネタが飛んじゃって」とド忘れして退場すると、その代理として“本物の相方”である山崎が姿をあらわした。

 まさかのサプライズに柴田は「バカだめだって、お前。違うってマジで。いやいや、おいおいおい、ちょっと待てよ」と大興奮。「この番組でやるの?」と戸惑いながらもジャケットを脱ぎ捨てた柴田は、山崎とセンターマイクに並んだ。

 柴田は、次々とボケ倒していく山崎に対して「お前、アドリブが過ぎるな、本当に!」と必死にツッコミながらもうれしそうな笑顔。”全力”で漫才をやり終えると、柴田は「今後はどうなるんですか?人力舎ー!」と絶叫。山崎は「ネタ番組として最高の…」とのらりくらりと語ると、柴田が「いやいや、これはクイズ番組だから」とツッコミを入れるなど、和気あいあいな雰囲気で10年ぶりの共演を終えた。

 まさかの漫才復活劇に、ネット上でも歓喜の声が続々。「まさかの2人の漫才。泣きそう」「やっとコンビに戻れたな」などに混ざり、10年ぶりの共演とあって、「リアルタイムでアンタッチャブルの漫才を初めて見た!」という声も。さまぁ〜ずの三村マサカズは、自身のツイッターで「やったな!アンタッチャブル!」とつぶやいた。

 同コンビは、1994年に結成。山崎が繰り出すボケと柴田の切れ味鋭いツッコミで人気を集め、2004年には『爆笑オンエアバトル』と『M-1グランプリ』で優勝。バラエティー番組などへの出演も増えていたが、10年から約1年間、柴田が休養に入る。柴田の復帰後は、それぞれピンで活動を行っているが、たびたびコンビ復活待望論が上がっていた。

 今回の復活を受けて、柴田が活動休止時期に山崎がひとりでパーソナリティーを務め、そのまま終了となったラジオ「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」の“本当の最終回”を望む人も続出している。

オリコントピックス

 を検索