• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • CM
  • 生田斗真が“ダニ対策本部長”に就任、初の“国会デビュー”果たす

生田斗真が“ダニ対策本部長”に就任、初の“国会デビュー”果たす

 俳優の生田斗真が、『アリエールダニよけプラス』の新CM「発表します 便益篇」、「発表します 必需性篇」に出演。“ダニ対策本部長”として、初の“国会デビュー”を果たしている。

 舞台は、“国会”。2013年から『アリエール』の主任研究員を務めている生田は、今回、“ダニ対策本部長”として登場。同CMでおなじみの白衣姿で挑んだ生田は、「これからのダニ対策、それは、洗濯して、ダニよけすること!」と力説する。また、タレントのYOU大沢あかねら“お母さん議員”からの「どうして洗濯するとダニよけできるんですか?」といった疑問に対しても、真摯に答弁するさまを見せる。そんな姿にYOUらは納得し、拍手して歓喜する…というストーリーとなっている。

 まるで本物の議員のように、堂々とした迫真の演説姿を見せた生田。撮影後のインタビューでは、「これまではアリエール主任研究員という一研究員でしたが、遂に国会デビューを果たすことになり、異例の大出世となりました。セットもすごく新鮮で楽しく撮影させていただきました」と語った。またお母さん議員を演じた大沢は、「いつもニュースとかで見て憧れていたのでこのような場所に立てて嬉しかったです」とコメント。同じく、お母さん議員を演じたお笑いトリオ・森三中大島美幸は、「国会中継を見たときに女性頑張れって気持ちもあるので、はっきり発言しようという強い気持ちをもって取り組みました!」と話すなど、リアルな国会論戦さながらの撮影となったようだ。

 撮影の合間には、子役の子ども達に話しかけていたお母さん議員ら3人。普段テレビなどで見せる表情とは違い、まるで自身の子どもに語り掛けるような優しい眼差しで接していたという。生田の熱い演説シーンだけでなく、彼女らが見せる歓喜姿にも注目だ。

オリコントピックス

 を検索