• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

“リアル最強YouTuber”朝倉兄弟が考える強さと信念

 日本の格闘技界で、いま最も注目を集めている朝倉未来(あさくら・みくる/27)と朝倉海(あさくら・かい/25)の朝倉兄弟。ともに地元・愛知のストリートで腕を磨き、不良格闘技イベント『THE OUTSIDER』で名を挙げ、いまやメジャー団体「RIZIN」のリングで強烈な光を放っている。YouTubeやSNSを駆使し、格闘技ファン以外からも熱視線を集める2人に、現在の思いや今後の目標を聞いた。

■ケンカ相手がいなくなって格闘技へ 過激な「やってみた」動画も話題に

 兄・未来はかつてケンカに明け暮れる毎日を過ごしており「地元にケンカする相手がいなくなったから、強い相手がいると思って」格闘技ジムの門を叩いた。そこで「こてんぱんにやられて、上には上がいると知った」ことから、一気に格闘技にのめり込み、「同じ血が流れてるから才能があるな」と考えて弟の海を同じ世界に誘った。海は「ケンカばっかりやってた兄貴からいきなり近所の路上に呼び出されて、殴りかかられて。それをよけることができたら、『才能がある』って認められて。そっから自分もはじめました」と振り返る。

 2人は持ち前の度胸と格闘センスで頭角を現し、すぐに日本格闘技界の最大の舞台・RIZINへたどり着く。そこでも圧倒的な強さを見せ、今年7月には未来が70キロ級で日本最強だった矢地祐介から圧倒的な内容で勝利。そして、8月には海が“軽量級世界最強”の呼び声高い堀口恭司を1ラウンド1分8秒でKOし、世界中の格闘シーンにその名を知らしめた。

 快進撃を続ける2人は、ストイックな格闘家としての顔だけではなく、YouTuberとしても活動。チャンネル登録者数は海が約6万人、未来は約32万人を誇り、未来の動画「街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか【前編】」は、約700万回、「ぼったくりバーに一人で潜入したらあり得ない金額を請求されて口論になった」は約300万回も再生され、大きな話題となっている。

 企画の9割を自ら考えているという未来は「2〜3年前からYouTuberになりたかった。はじめて4ヶ月くらいでチャンネル登録者数が30万人を超えて、自分の想像より早いです。自分の考えがハマったのかな、と。最近は格闘家よりもYouTuberとして声をかけられることのほうが多いですね(笑)。そもそも自分を格闘技の選手と知らない人も多いし、それは僕の中で成功なんですよね」と手応えを明かす。今後の企画についても「アイデアがポンポン出てくるのでネタには困らない。でも、パクられちゃうからここでは言わないですよ」と笑顔を見せた。

 自らの体を張った企画に挑戦する未来の動画について「大丈夫かなって、ハラハラするときもあります」という海は、自分のショッピングや「初めてのメイドカフェ」など、プライベート感あふれる動画を公開。兄はやんちゃ、弟は素直でピュアというそれぞれのキャラクターの違いもまた、朝倉兄弟の魅力だ。

■格闘技でつながる兄弟の絆 弟・海の快勝を兄・未来がサポート

 同じジムに所属しインストラクターとして指導しているが、コースの時間帯が異なることから「兄弟で顔を合わせることは、ほとんどないですね」(海)、「プライベートでの会話も少ないし、格闘技でつながってる感じですね」(未来)。その“格闘技のつながり”こそが、2人の大躍進を支えている。試合が決まればともに練習し、対戦相手を分析する。特に未来の分析力は高く、“RIZIN史上最高の番狂わせ”と呼ばれる海が堀口をKOした試合でも、未来のアドバイスが海の勝利を大きくサポートした。未来は語る。

 「自分の悪いクセを試合で出さないように気をつけても、RIZINのような大舞台では緊張してしまい、簡単に直せないということを自分の経験から知った。そこから分析の重要性に気づき、試合が決まったら相手の過去の試合映像から毎回出ているクセを見つけて、それに合わせる練習をはじめました。分析は本当に大事なんですが、日本の格闘家でそれに気づいている人は、まだまだ少ない。だから、最近では自分が闘うよりも分析を本業にしようかと思ってるくらいです(笑)」

 そんな堀口戦からわずか2ヶ月、海は今月12日に大阪で開催の『RIZIN.19』への出場が決定。UFCで活躍した実力者・佐々木憂流迦と対戦する。この短期間での連続出場は異例だが、「前回の試合は怪我がなかったのですぐに練習を再開したし、連続出場もあると思ったので、練習を続けていつでも出られるようにしていました」と準備は万端だ。RIZINは大みそかの開催も予定しており、ここで堀口とのリマッチが期待されていたが、その前に強豪と戦うことに「リスクが高い」という否定的な声も多い。それでも「守るに入ると成長しないし、本当に突き抜けるためには、みんながやらないことをやらなくちゃいけない。普通だったら今回の試合のオファーは断って大みそかに備えるけど、今回も勝って、大みそかも勝ちたいですね」と意欲は高い。

 今回のRIZINは、フジテレビ系でゴールデンタイムに生中継される。海は「これが一番の試合のモチベーションですね。初めて自分の試合を見てくれる人もいると思うので、スッキリ勝って格闘技の魅力を届けたいです」とやる気をみなぎらせている。

 RIZINの中心に躍り出ようとしている海だが、現時点での“RIZINの主人公”といえば、天才キックボクサー・那須川天心だ。体重も近いため、海が今回&大みそかに連勝すれば、対戦への機運は一気に高まる。海も「試合を見たいという声も多いので、いつかはやりたい気持ちもあるけど、ルール次第ですね。彼はキックボクサー、僕は寝技もやる総合格闘技なので、ちょうどいい中間のルールでできたら面白いと思います」と前向きな姿勢を見せている。果たして、この日本最強のゴールデンカードが実現する日は来るのだろうか…。

■家族の反応、好きな女性のタイプ、今後の目標… 気になることを直球質問

 2人の話を聞ける貴重な機会なので、家族のことやプライベートについても聞いてみた。まずは、“家族の反応”について。

未来「格闘家になると決めた当時はケンカに明け暮れていて、ハードルが下がりきっていたから、喜んでくれました(笑)。普通だったら止めると思いますけど、ウチは『ようやくそっちの道に行ってくれるのか』と。今も普通に応援してくれます。おじいちゃんだけは、最初は反対していたけど、今は家族で一番ハマって、いま80歳なんだけど毎日YouTubeで僕らの試合を見てくれています(笑)」

海「僕らの活躍を喜んでくれて、周りにうれしそうに話しているみたいで。怖いといいながら毎回会場に来て、応援してくれています」

 続いて“好きな女性のタイプ”。

未来「ZARD坂井泉水さん。清楚な方が好きで、シャイであまりテレビに出なかったっていうところも好きです。小さいときに最初に見た瞬間からステキだなって思って。主張が強い女性が苦手で、TikTokやってる人とか絶対に無理なんです(笑)。控えめな人がいいですね」

海「僕も見た目は清楚な人が良くて。芸能人でいうと、吉岡里帆さんみたいな。性格はハッキリして自分を持ってる人がいいです」

 最後に、“今後の目標”。

海「格闘技の魅力をもっと広めていきたいです」

未来「僕は格闘技はどうでも良くて、自由になりたい。今のYouTuberがそれに近いですね。友だちと旅行に行っても、それを映像にして見てもらうだけでそれが仕事になるし、理想の職業かな。今度は歌を始めるので、それも動画をアップしたりiTunesで配信したり、いろいろ自分でやりたくて。今は英語も習い始めて、最初は小学生より話せなかったけど、いずれ『英語で外国人女性をナンパしてみた』とかやってみて、世の男性に夢を与えたいですね」

 どこまでも対照的、でもどこか似ている朝倉兄弟。リングではだけではなく、あらゆるフィールドで活躍の幅を広げる2人から、目が離せない。

◆朝倉海が参戦する『RIZIN.19』は、フジテレビ系で午後7時から午後8時54分まで中継(延長の場合あり)

関連写真

  • “リアル最強YouTuber”朝倉兄弟(左から)兄の朝倉未来、弟の朝倉海 (C)ORICON NewS inc.
  • 朝倉兄弟の兄・未来 (C)ORICON NewS inc.
  • 朝倉兄弟の弟・海 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス

 を検索