• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞丸山隆平「目の前の向こうへ」 生放送で思いと決意

関ジャニ∞丸山隆平「目の前の向こうへ」 生放送で思いと決意

 アイドルグループ・関ジャニ∞丸山隆平(35)が7日、メインキャスターを務めるMBS・TBS系『サタデープラス』(毎週土曜 前8:00)に生出演。グループを脱退し、9月末でジャニーズ事務所を退所することを発表した錦戸亮(34)への思いをはじめ「今これからはじまる、出来事に対して、たぶん亮ちゃんもそうですし、目の前の向こうへ連れていくという意味で、ファンの方々だったり、これから応援して下さる方を引っ張っていきますから」と決意を語った。

 番組では脱退から退所までの経緯や、錦戸のこれまでの活躍をVTRで紹介。丸山は「ここまで発表が遅くなったのは、関ジャニ∞としてのライブを純粋に楽しんでほしいと、自分たちのファンの方を一番に思って、ファンファーストで選んだ結果」と伝え「今からみんなが解釈していったりとか、飲み込んで消化していくところだと思う」とファンを思いやりつつ「自分たちのペースでいいと思う」と呼びかけた。

 続けて「いろいろと憶測もあると思いますが、関ジャニ∞は、これからも5人でやっていくので、ぜひとも応援していただきたい」と、前を向き、グループは47都道府県のツアーも発表しており「12年ぶり。12年前はテレビの仕事とかもそんなになかったから、回れたんですけど、それぞれ個々が活躍している中、30半ばなので、体力的にどうなのかっていう部分もあって。ヤス(安田章大)も舞台をやりながらだったりするから。どうなるかわからないですけど、みんなが応援してくれたら実現できるし、回り切れると思う」と力を込めた。

 関ジャニ∞の思いを自身の楽曲の歌詞を引用し、「目の前の向こうへ」と表現した丸山は「今これからはじまる、出来事に対して、たぶん亮ちゃんもそうですし、目の前の向こうへ連れていくという意味で、ファンの方々だったり、これから応援して下さる方を引っ張っていきますから」と誓った。

 15周年のツアーが終わったばかりのタイミングだが「僕たち、関ジャニ∞はメンバーが旅立っていったりする中で、今でも8人横一列で立っている気持ち」といい「そういう思いで、15周年という一つのくくりで、(ツアーセットに)ああいうオブジェを並べる形になった。ファンの方も僕たちのメンバーという意味でやってみました。これからもよろしくお願い致します」とメッセージした。

オリコントピックス

 を検索