歌い手・ピコ、末期腎不全を公表 両親から腎移植受ける予定

 歌い手として活動するアーティスト・ピコが15日、自身のツイッターを更新。末期の腎不全と診断され、ライブやイベントの活動をしばらく休止すると発表した。

 7月6日、体調を崩していることをツイッターでつづっていたピコ。久々の投稿となったこの日、「今年3月下旬頃から体調が芳しくなく、5月頃からは長時間動くことに異常な疲れを感じ始めました」として、「6月に入っても症状が改善しないため、なにかおかしいと思い、親に相談したところ、腎臓が弱っているときの症状と似ているとのことで、受診しました」と経緯をつづった。

 結果、末期腎不全と診断されたが「明確な原因は不明」で「10年くらいかけて徐々に悪くなっていったため、気づくことができませんでした。その後、専門的な病院でセカンドオピニオンを受け、緊急入院という形で6月末から現在入院中です」と現状を明かした。人工腎臓による血液透析を週3回しながら、投薬治療も試したが、残念ながら効果はなく、先日「内シャント設置術」という維持透析に必要な手術も受けた。

 今後も継続的な治療が必要であり、「扁桃腺が腎臓に悪影響を及ぼしていることがわかったので、その摘出手術をする予定」だという。しかし、「本当にありがたいことに、両親が腎移植のドナーになってくれる予定で、型が合えば問題なく移植ができるとのことです」と望みが見えたことも伝えた。

 「移植が上手くいけば、活動の幅は今よりも格段に広がります。迷惑ばかりかけて、臓器までもらうことになって、情けない息子で申し訳ない気持ちでいっぱいですが、早く元気になって何倍にもして恩を返したいと思います」と感謝と決意も。その上で、「病状が安定していない状況なので、しばらくはライブやイベントはお休みさせていただこうと思っています。SNSは引き続き更新しようと思いますので、のぞいてくれると嬉しいです」とファンに呼びかけた。

 ピコはニコニコ動画発の歌い手として2007年から活動し、幅広い音域を歌いこなすスタイルで人気に。2010年10月にシングル「Story」でメジャーデビューした。

オリコントピックス

メニューを閉じる