乃木坂46の4期生・賀喜遥香、はじめての“ひとり新曲PR”行脚

 アイドルグループ・乃木坂46の4期生・賀喜遥香(かき・はるか、18)が、初選抜入りにしてフロントに抜てきされた24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)をPRするため、5・6日の2日間にわたって大阪、滋賀、広島、愛媛を回り、1人でさまざまなラジオ番組に出演した。賀喜が1人でラジオ番組に出演するのは昨年11月末の加入から初めて。

【写真】その他の写真を見る


 5日にはまず大阪・FM OH!で4つの番組収録を行い、i-dio KANSAIチャンネル『KANSAI LIVE VIEWING』では子どもの頃に約10年住んでいたという大阪/関西の魅力や好きなところを3つ紹介。『J3 Tuesday〜Midnight IQ』のコメント収録では寝る前にする賀喜らしいルーティンを語り、『吉本ラジオ高校〜らじこー』ではDJのお笑いコンビ・学天即とともにトークを展開、『Music Bit』のゲストパートでは「最近よく検索してしまうもの」についてたっぷり語った。

 滋賀・大津へと移動後は、今回のPRで唯一の生放送となるFM滋賀『e-joy』にゲスト出演。ラジオの公開生放送はこれが初となった。サテライトスタジオ前には大勢のファンが駆けつけ、曲が流れている間にはファンに手を振るなどサービス精神を発揮。8月8日の誕生日で18歳になることから、「お誕生日おめでとう!」と祝福されるサプライズもあった。賀喜は「18歳は大人になるので、カッコいい女性になりたい」と宣言。ファンから先輩メンバー秋元真夏の十八番「ズッキュン」をファンから求められ、リクエストされると「皆さんのハートに、ズッキュン!」と実演し、大歓声が沸き起こった。

 FM滋賀では『MUSIC BREAK』のコメント収録を実施。同番組は月〜金曜の5分枠で、毎日異なるトークテーマでパーソナルな部分を伝えていくもので、賀喜はトーク内容を吟味し、たどたどしさもありながらも最後まで話しきった。

 再び大阪に戻ると、MBSラジオ『DJ KO-TAROの+musicレディオ』のコメント収録へ。ここでは大阪のリスナーに向け、非常にマニアックな情報を用意してトークに臨み、初日は計7番組に出演した。

 2日目はまず、広島FMで3番組の収録に参加。『大窪シゲキの9ジラジ』にゲスト出演し、DJの大窪シゲキとともに中高生リスナーに向けた学生生活トークを繰り広げる。番組からは誕生日プレゼントとして、オリジナルのけん玉を贈られるサプライズも。『JPスタンダード』では「賀喜」という名字について、選抜発表時に先輩の山下美月からかけられた言葉で前向きになれた話なども飛び出した。『MUSIC VOICE』では昨年初めて広島を訪れたときの思い出話を語った。

 続いてRCC中国放送で『RadiPrism』にゲスト出演。イラストや好きな動画、卒業を控えた乃木坂46キャプテンの桜井玲香についてなど話題が多岐にわたった。

 広島でのPRを終え、愛媛・松山へ移動。FM愛媛の『FMベストヒットえひめ』では初めて訪れた愛媛の印象を、『カモ れでぃ Night!』では乃木坂46を好きになったきっかけなどを語り、初のひとり新曲PR活動を終えた。

 賀喜は「終始楽しかったんですけど、緊張して言葉に詰まることも多くて。でも、自分としてはすごくいい経験をさせていただいたなと思っています」とコメント。「今まで1人で何かをすることが本当になかったですし、しかも全国を回らせていただいたりいろんな番組に出させていただいたりするのも初めてだったので、この経験を活かしてこれからいろんな活動ができたらいいなと思います」と言葉に力を込めた。

 今回、賀喜が出演した番組のオンエア情報など詳細は、乃木坂46公式サイトとツイッターで随時更新される。

関連写真

  • 乃木坂46新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」でフロントに抜擢された4期生・賀喜遥香
  • ご当地グルメも堪能
  • 大阪・FM OH!では4つの番組収録を行った
  • ひとり新曲PR活動で4県のラジオ局を回った乃木坂46の4期生・賀喜遥香
  • ひとり新曲PR活動で4県のラジオ局を回った乃木坂46の4期生・賀喜遥香
  • ひとり新曲PR活動で4県のラジオ局を回った乃木坂46の4期生・賀喜遥香
  • ひとり新曲PR活動で4県のラジオ局を回った乃木坂46の4期生・賀喜遥香
  • ひとり新曲PR活動で4県のラジオ局を回った乃木坂46の4期生・賀喜遥香

オリコントピックス

メニューを閉じる