JAM Projectがサブスク解禁 来年元日に20周年集大成アルバム発売決定

 アニソンユニット・JAM Projectが17日、東京・Zepp Tokyoで来年迎える20周年イヤーに向けたライブイベント『JAM PARTY 2019 〜20周年に向け「エイエイオー!」』を開催。あわせて、来年1月1日に結成20周年を記念したオリジナルアルバムをリリースすることを発表し、サブスクリプション型(定額制)ストリーミング配信も解禁した。

【写真】その他の写真を見る


 影山ヒロノブ遠藤正明きただにひろし奥井雅美福山芳樹からなるJAM Projectの結成記念日に行われたこのライブイベントでは、4月にリリースしたばかりの新曲で、PS4/ニンテンドースイッチ向けシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦T』オープニング主題歌「Tread on the Tiger’s Tail」や、4月放送開始のアニメ『ワンパンマン』第2期オープニング主題歌「静寂のアポストル」などを披露し、訪れた観客を沸かせた。

 MCでは、来年迎える20周年を記念し、来年1月1日にオリジナルアルバムをリリースすることを発表。『バトルスピリッツ サーガブレイヴ』主題歌「Returner 〜復活のレジェンド〜」などがパッケージ初収録予定のほか、メンバーそれぞれの書き下ろし曲や、JAM Projectを尊敬するコンポーザーたちが制作に参加し、20年間の集大成となる内容だ。

 また、同日には『JAM Project 20th Anniversary Complete BOX』が発売になることも決定。過去発売された13枚のベストコレクションアルバムと『MAIXIMIZER』などのオリジナルアルバムやシンフォニックアルバムなど全21枚のアルバムに、ミュージックビデオや、今年1月に行われた最新ライブ『JAM Project SPECIAL LIVE 2019 A-ROCK』東京・豊洲PIT公演2日間の模様を完全収録したディスクなど、Blu-ray3枚も同梱される。

 同作には、20年間の歴史を網羅した約300ページに及ぶコンプリートブックや、収録曲全曲の歌詞が別冊となり、未発売の外国語楽曲も収録した、永久保存版のJAM Projectオンリー歌詞ブックも付属。総重量4キロを超える豪華仕様となっている。

 これ以外にも、Apple Music、ANiUTaなど主要ストリーミングサービスでの配信も開始。来春に全国ツアーを開催することも発表した。

関連写真

  • サブスクリプション型(定額制)ストリーミング配信を解禁したJAM Project
  • ライブイベント『JAM PARTY 2019 〜20周年に向け「エイエイオー!」』(7月19日・Zepp Tokyo)の様子
  • ライブイベント『JAM PARTY 2019 〜20周年に向け「エイエイオー!」』(7月19日・Zepp Tokyo)の様子

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索