• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 中居正広、ジャニーさんへの思い吐露 涙堪え「トークのスキルを見出してくれた」

中居正広、ジャニーさんへの思い吐露 涙堪え「トークのスキルを見出してくれた」

 タレントの中居正広(46)が13日、MCを務めるテレビ朝日のニュース番組『ニュースな会』(毎週土曜 正午〜後0:56)に出演。9日に87歳で亡くなった所属事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんへの思いを口にした。

 ジャニーズ事務所所属のタレントはジャニーさんが亡くなって以降、談話を発表しているが、中居は沈黙を守っていた。番組の冒頭からジャニーさんの訃報を伝えた。ジャニーズの歴史を振り返ると中居は神妙な面持ちで映像を見つめていた。SMAPデビュー時の映像では、ときおり微笑む場面も見られた。

 「個人としてもとても大きな出来事でした」と話し始めた中居は「僕は怖かった世代かな。すごく厳しくしてもらいました」と吐露した。「トークのスキルを1番、最初に見出してくれたのはジャニーさん。15歳とか16歳のときなんですけど」と明かすと、ジャニーさんお手製の台本で光GENJIの前説を行ったという。

 1番、最初に教えてもらったのは照明という。強い照明がない時代に、演出のイロハのイとして教えられたそう。ジャニーさんが「(照明の)88番が好き」と話していたため、多用したところ「ユー、88番使いすぎだよ!」と怒られたことを思い返していた。

 最後にかけた言葉を問われると「今でも、まだ本当に亡くなったのかなという…」と複雑な思いを口にしつつ「ちょこちょこ(お見舞いに)行ってた。『バイバイ、また来るね〜』というが最後だったのかなぁ」とぽつり。「たくさんの人に愛されるように教育と育成をして世に出した。でも、このタイミングで『みなさんの人愛されるように』と言ったジャニーさんが1番、愛されるなと感じた。言ってあげたい。『あなたが1番、愛されちゃってるよ』と。これも不思議な感覚だなと思う」と涙を堪え故人を偲んでいた。

 6月18日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため自宅で倒れ、 闘病中だったジャニー喜多川さん。 3週間の闘病の末、 7月9日に87歳で亡くなった。同事務所は「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます」としている。

 きのう12日には家族葬をジャニーズアイランドの稽古場で執り行い、「ジャニーは、自身の子供のような存在でございますタレント達と最後のお別れをいたしました」と公式サイトで報告。式は国分太一(TOKIO)と井ノ原快彦(V6)が司会を務め、東山紀之(少年隊)、橋優斗(HiHi Jets)、堂本光一(KinKi Kids)が感謝の気持ちをつなぎ、最後に近藤真彦がその思いをつづった。

オリコントピックス