• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 岡本真夜、曲作りの苦手分野を告白「実はアップテンポの曲が…」

岡本真夜、曲作りの苦手分野を告白「実はアップテンポの曲が…」

 シンガー・ソングライターの岡本真夜が、三重・津市に誕生するベビースターの工場一体型テーマパーク『おやつタウン』のエンターテインメントショー楽曲を担当することが11日、都内で行われた会見で発表された。

【写真】その他の写真を見る


 タイアップ曲「笑顔のおまじない」がお披露目され、PRキャラクター・ホシオくんが楽曲に合わせて軽快なダンスを披露。岡本は「子どもたちが自然と体が動くようなサウンド、間奏になってます」と笑顔でアピールした。

 一方で「実はアップテンポの曲を作るのが苦手で、バラードのほうが得意なんです。メロディが降りてくるまでの時間が長かったですね」とポツリとこぼしつつ「でも『すごいノリがいい!』というお声をたくさん頂く。苦手意識は変わりませんが、こういう曲もどんどん作っていきたいですね」と意欲を示していた。

 「遊べる・学べる・創れる」をコンセプトにした同テーマパークは、20日よりオープン。岡本は「子どもとオリジナルのベビースターを作ってみたい」と目を輝かせていた。

関連写真

  • 『おやつタウン』のエンターテインメントショー楽曲を担当する岡本真夜 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ホシオくん、岡本真夜 (C)ORICON NewS inc.
  • ベビースターの工場一体型テーマパーク『おやつタウン』記者会見に出席した(左から)ホシオくん、岡本真夜 (C)ORICON NewS inc.
  • ベビースターの工場一体型テーマパーク『おやつタウン』記者会見に出席した岡本真夜 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス