• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 佐藤アツヒロ&内博貴、先輩・植草克秀の破天荒ぶりに困惑「全部パワハラ!」

佐藤アツヒロ&内博貴、先輩・植草克秀の破天荒ぶりに困惑「全部パワハラ!」

 俳優の佐藤アツヒロ内博貴が9日、都内で行われた舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した。“パワハラ”をテーマにした作品にちなみ、内は「僕は(パワハラだ)と感じたことはないんですよ?でも今思うと…」と念を押しつつ、少年隊・植草克秀とのエピソードを披露。佐藤も「辞めたほうがいい、植草くんは全部パワハラ!」と心当たりがあるようで、会場の笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 内が昔引っ越しをした際、植草が壁掛け時計をプレゼントに持ってきてくれたが「賃貸マンションなんですけど、その壁にドリルで穴を開けた。ドドドッって飾って。『どうだろう、内いいだろう』って…。その瞬間、『え、まじか』と思ったんですけど。今思うとパワハラだったのかな?」とあ然とした破天荒すぎる行動を紹介。

 “パワハラ”という言葉で「まず先に浮かんだのが植草さん。自分の気持ちに嘘はつけない。パワハラだと思ってないけど、(周りから見るとパワハラ)かもしれない」と振り返る内に、佐藤も「僕もかっちゃんにはあります」と同調。

 具体的には「舞台上で平気で笑わせます。向こうは後ろ向いてて、僕が正面向いてると、変な顔をしたりするんです。笑いそうになると『お前、笑ってんじゃね〜よ』って。いや、笑わせたのはお前だろうが!って」とぶっちゃけ。「今の話はカットで」といたずらっぽくほほ笑みつつ「心に残る言葉を残してくれる先輩です。『やるときはやれ』と」と名言?を披露。笑いをこらえきれない内は「『やるときはやれ』ってなんですか?」と首をかしげていた。

 今回は上司・部下の役柄で12年ぶりの共演となる佐藤を“アツ兄”と親しみを込めて呼ぶ内に、佐藤は「内は基本的に人懐っこいので、後輩というよりズカズカ入ってくる。自分はズカズカ入ってこられないと打ち解けられないので、仲良くなるのは早かった」と印象を告白。すると内も「いきますよ〜。ズカズカいかせていただきます」と宣言した。

 一方で、佐藤からの“パワハラ”について内は「ないです、ないです。本当にないです」ときっぱり。佐藤が「僕はグループでも一番下で弟なので、先輩ぶることができない。いつも下からいっちゃう。だから内よりも俺、下だと思う。内先輩!」とへりくだり、内を「やめてください!」と恐縮させていた。

 同舞台は憧れの先輩がパワハラで訴えられたことをきっかけに、他人になりすまして営業所に潜入するエリート会社員の奮闘を描くお仕事コメディー。8月21日から25日まで新橋演舞場ほか、愛知、北海道、石川、富山、大阪で上演。このほか、真琴つばさ八十田勇一、斎藤優里、愛原実花羽場裕一、藤井清美氏(作・演出)が参加した。

関連写真

  • 会場の笑いを誘った(左から)内博貴、佐藤アツヒロ (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)羽場裕一、内博貴、佐藤アツヒロ、真琴つばさ(後列左から)斉藤優里、八十田勇一、愛原実花 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した羽場裕一 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した八十田勇一 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した斉藤優里 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した真琴つばさ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した愛原実花 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した八十田勇一 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』製作発表記者会見に登壇した(左から)内博貴、佐藤アツヒロ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス