アニメ&ゲーム カテゴリ

「おとなのジャンプ酒場」内部公開 DBや北斗の拳のコラボメニュー、食べ放題プランも

 集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年記念企画の一環として、11日から東京・新宿歌舞伎町に「おとなのジャンプ酒場」がオープンする。それに先立ち9日に内覧会が行われ、さまざまなメニューやプランが公開された。

【写真】その他の写真を見る


 3期にわたる『週刊少年ジャンプ展』や、『週刊少年マガジン』とコラボした期間限定ウェブ企画「ジャンマガ学園」など、50周年記念でチャレンジを続ける『ジャンプ』。今回の新たな企画は、300万部から500万部雑誌へと駆け上った1980年代の読者に向けた“夢の店”をオープンだった。

 ジャンプヒーローそろい踏みの巨大壁画をはじめ、表紙ウォールや巨大フィギュア・コレクション、漫画家のお宝グッズ、実際に手に取って読める80年代ジャンプ本誌など、かつての少年たちにはたまらない空間に加え、オリジナルのコラボメニューもラインナップにそろえた。

 通常メニュー(全42品)とドリンク(全52種)を楽しめる2時間制(3000円:税込)の食べ放題&飲み放題プラン(要予約)を用意。メニューは、ドラゴンミートボール(ドラゴンボール:730円)、炎のシュレンの炙り肉寿司(北斗の拳:980円)といった漫画とのコラボメニュー(別料金)のほか、塩キャベツ、枝豆、冷やしトマト、鶏のから揚げ、フライドポテトなど一般的な居酒屋メニューがある。

 訪れた人には、ジャンプキャラクターたちが描かれたメニュー表、オリジナルコースター、箸袋などのほか、計7回の来店で「おとなのジャンプ酒場」のオリジナルジョッキがプレゼントされる。

 営業時間は平日午後5時から11時まで、土日祝は午後2時から11時まで。席数は約60席、1年間限定で営業予定(住所:東京都新宿歌舞伎町1-18-9 WaMall 歌舞伎町 5F)。

関連写真

  • 『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年記念企画として「おとなのジャンプ酒場」をオープン
  • 『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年記念企画として「おとなのジャンプ酒場」をオープン
  • 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念企画「おとなのジャンプ酒場」のロゴ
  • 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念企画「おとなのジャンプ酒場」のメニュー(C)ゆでたまご/集英社 (C)えんどコイチ/集英社 (C)次原隆二/NSP 1982 (C)北条司/NSP 1985 (C)バード・スタジオ/集英社 (C)森田まさのり/集英社.JPG
  • 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念企画「おとなのジャンプ酒場」のビジュアル(C)ゆでたまご/集英社 (C)宮下あきら/集英社 (C)北条司/NSP 1985 (C)車田正美/集英社 (C)バード・スタジオ/集英社 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 (C)森田まさのり/集英社
  • 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念企画「おとなのジャンプ酒場」の店内(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 (C)ゆでたまご/集英社 (C)北条司/NSP 1985 (C)森田まさのり/集英社
  • 『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念企画「おとなのジャンプ酒場」の店内(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 (C)ゆでたまご/集英社 (C)北条司/NSP 1985
タグ

オリコントピックス