• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 『CanCam』読モ、ロシア人クォーターなど 6月のコスイベで発見した美女を紹介

『CanCam』読モ、ロシア人クォーターなど 6月のコスイベで発見した美女を紹介

 人気コスプレイヤー・えなこやハロウィンの盛り上がりもあり、市民権を得たコスプレ文化。「コミックマーケット」、「ニコニコ超会議」、「東京ゲームショウ」のような大型イベントでは、各々好きなキャラクターに扮したコスプレイヤーたちが、現地で華を添えている。また、大型イベントだけでなく、毎週必ずといって良いほど、どこかでコスプレ関連のイベントが開催されている。そこで、ORICON NEWSが6月に取材を行ったイベントの中から、選りすぐりの美女コスプレイヤーたちを紹介する。

 東京タワー・芝公園エリアで開催された、海洋ごみ問題をテーマにしたコスプレイベント『コスプレde海ごみゼロ大作戦!in東京タワー』で、バーチャルYouTuberのミライアカリに扮していたのが、人気コスプレイヤーの五木あきらさん。コスプレ歴10年以上というキャリアを持つ彼女は、「普段のコスプレイベントは、ビッグサイトや幕張メッセとか、大きな屋内施設で開催されることが多いので、今日みたいな緑の多いエリアでの撮影は楽しいです」とコメント。コスプレ衣装でごみ拾いをするという貴重な体験ができて良かったと語り、「海洋ごみのほとんどが、海の上や海岸で発生するのではなく、人間の生活エリアから出されるごみっていうことに衝撃を受けました」と海洋ごみ問題に対する関心も高まったようだ。

 秋葉原のど真ん中でコスプレを堪能できる定期イベント『サンクプロジェクト×ソフマップ コスプレ大撮影会』。黒猫コスプレをイメージしたホットパンツ衣装で現れたのは、西井綾音さん。普段は、モデル、タレント、ダンサー、DJとしてマルチに活動している彼女は、日本大学「ミス日芸コンテスト2017」ファイナリスト。また、ファッション雑誌『CanCam』の読者モデル・CanCam it girlとしても人気だ。普段から筋トレに励んでおり、「腹筋や体幹を鍛える運動を、洋楽を聞きながらやっています」と笑顔。『新世紀エヴァンゲリオン』の惣流・アスカ・ラングレーコスプレにも挑戦したいと明かしてくれた。

 池袋サンシャインシティエリアで定期的に開催されているコスプレイベント『acosta!』からは、『Fate/Grand Order(FGO)』のアーチャー・インフェルノに扮したLeo*さんを紹介。“出戻りレイヤー”を自称する彼女は、「出戻って1年です。現実逃避したくて…」と今の心境を吐露。「母がロシアとのハーフなんです」とのことで、彼女本人はクォーターだそう。そのため、アニメ『ユーリ!!! on ICE』の、ユーリ・プリセツキーというロシア人キャラのコスプレも披露したことがあるという。そのほか、『FGO』のアルトリア・ペンドラゴンや、初音ミク、巡音ルカなどのボーカロイド、『ヒプノシスマイク』の伊弉冉一二三など、多彩なコスプレに挑戦している。

オリコントピックス