• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 吉川晃司、三国志は「ものすごく魅力的でファンタジー」

吉川晃司、三国志は「ものすごく魅力的でファンタジー」

 歌手で俳優の吉川晃司が8日、東京国立博物館・平成館で行われた『日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」』の取材会に出席。同展の音声ガイドのナビゲーターを務める吉川は、三国志にはまったきっかけや魅力を語った。

【写真】その他の写真を見る


 三国志との出会いは「人生つまずくこともあると思うんですけど、岐路にたった30代の頭ごろ」と回想。「何かヒントになるようなものを見つけたくて、偉人さんなら見つかるんじゃないかと思った」と振り返った。まずは日本の歴史から学ぶも「肝心なところには、中国の故事とか古書が出てくる」と中国の歴史をひも解いていく中で「はまっちゃった」と笑った。

 三国志の魅力については「誰も成就できなかったこと。最後は司馬氏に全部持っていかれてしまったことは、人間世界の栄枯盛衰というか、同じことを繰り返している教訓にもなっている」と熱弁。さらに「過去ってものすごく魅力的でファンタジー。今は過去のほうが楽しい夢が見られる。なんだかそういう時代になった世の中になってきちゃったのかな」と話していた。

 同展はあす9日から9月16日まで同所で開催。魏の曹操を葬った墓、「曹操高陵」からの出土品が海外初出品されるほか、呉の皇族クラスの墓とされる上坊1号墓など、中国から来日する最新の考古発掘成果も展示され、三国志の実像に迫る。

関連写真

  • 三国志の魅力を熱弁した吉川晃司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」』の取材会に出席した吉川晃司 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス