• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 前田敦子、息子のため?「AKBの男性版つくってくれたら」

前田敦子、息子のため?「AKBの男性版つくってくれたら」

 女優の前田敦子が5日放送のテレビ東京系『親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族☆父を訪ねて海外まで行っちゃったSP』(後6:55〜8:50)に出演。3月に第1子となる男児を出産した前田は、スタジオトークで将来息子から「(芸能の仕事を)やりたいと言われたらうれしい」と明かすなど、子育ての様子、息子への思いを語っていた。

【写真】その他の写真を見る


 番組は、イマドキ親子の絆をのぞき見するドキュメントバラエティー。五輪出場の1枠を争う母娘、四つ子育児に奮闘する元ギャルママ、顔も名前を知らない父を探す女性…それぞれの子から親への思い、親の子への愛に密着したVTRが次々と紹介される。

 そんな中、前田は「AKBの男性版を秋元(康)さんが作ろうっていってくれたらいいな」と、将来、息子が自分と同じようにアイドルとしてステージに立つ姿を想像させるコメントで場を盛り上げていた。

 収録後、改めて子育てで大切にしていることを聞くと、「私自身が親になって思うのは、子どもとは生まれた瞬間から『人と人』という関係だと思うので、私だけの思いを子どもに押し付けて悲しい思いをさせるのは嫌だな」と、答えた前田。「何かを押し付けるのではなく、ちゃんと一人の人として、やりたいことをやってほしい。でも、家族だからこそ、何があっても『絶対の仲間』『絶対の味方』なんだよということも、教えてあげたいと思います」と話していた。

 番組の見どころについては「子どもの数だけ家族の物語があるなと感じました。突撃感もあってドキドキしましたし、訪ねられた側が最初すごく困っているのもわかって、本当にリアルが詰まっている番組だと思いました。どの目線で見ても考えさせられる、すごくいい番組だなと思いました」と、良さをアピールしていた。

担当プロデュ―サーの高橋伸幸氏も「お母さんになったばかりの前田敦子さんとお子さんとのエピソードもみどころの一つです」と推す。さらに、「今回は、さまざまな境遇の家族が登場しますが、子どもの知らない親の気持ち。親の知らない子どもの悩みなど、身近な家族だからこそ気づかなかったお互いの思いを知ることができます。親と子、それぞれの立場から共感できるエピソードもたくさんあり、『家族』の大切さを再確認できる番組になっていると思います」と自信をのぞかせた。

司会はお笑いコンビのタカアンドトシ須黒清華アナウンサー。ゲストは、前田のほかに、関根勤渡辺美奈代眞鍋かをり小倉優子尾形貴弘パンサー)が出演する。

■番組内容(一部)

【五輪出場の1枠を争う母娘】
マウンテンバイク界の第一人者でもある母親と、その背中を見て育った娘。2人は東京五輪の1つの出場枠を争うライバルでもある。「練習に正解はあるが子育てに正解はない…」「お母さんには甘えたいけど甘えられない…」。母と娘、それぞれが抱える葛藤。そして、一家に人生を揺るがす一大事が…。

【顔も名前も知らない父…3500キロ先海外で知った真実】
シングルマザーに育てられた3姉妹の次女。彼女は成人したのを機に父親のことを母親に聞いてみたいという。顔も名前も知らず17年…恐る恐る父親のことを母親に聞くと驚愕の答えが! 父親の痕跡をたどるため彼女が向かったのは日本から3500キロ離れたフィリピンのミンダナオ島。そこで知った衝撃の真実とは?

【イマドキの19歳が突然四つ子を妊娠!】
出生確率7000万分の1、奇跡の四つ子を出産した元ギャルママのお金に頼らずアイデアを駆使する子育て奮闘記。

【夜間保育育ちの博多美人】
両親は水商売をしていたため幼いころから夜間保育に預けられていた彼女。しかし、恨みなどは一切なく感謝の気持ちでいっぱいだという。里帰りをして初めて知る真実…そこには両親の深い愛が…。

関連写真

  • 7月5日放送、テレビ東京系『親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族☆父を訪ねて海外まで行っちゃったSP』ゲスト出演する前田敦子(C)テレビ東京
  • 出演者集合(C)テレビ東京
  • 7月5日放送、テレビ東京系『親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族☆父を訪ねて海外まで行っちゃったSP』司会はタカアンドトシ(C)テレビ東京
  • 7月5日放送、テレビ東京系『親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族☆父を訪ねて海外まで行っちゃったSP』ゲスト出演者(C)テレビ東京

オリコントピックス