• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 【上半期TV出演ブレイク本数】1位は霜降り明星 話題芸人が上位躍進

【上半期TV出演ブレイク本数】1位は霜降り明星 話題芸人が上位躍進

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは1日、『2019上半期テレビ番組出演本数ランキング』を発表。昨年と比較して番組出演本数を最も増加させた『2019上半期ブレイクタレント』として、昨年末の『M-1グランプリ2018』で王者に輝いた霜降り明星が昨年26本から168本【142本増】となり、同部門の1位に輝いた。

 霜降り明星は粗品せいやによるコンビで2013年に結成。『第38回ABCお笑いグランプリ』優勝後、『M-1グランプリ2018』では史上最年少での優勝という快挙で14代目王者に輝いた。さらに粗品は今年3月の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2019』でも優勝して2冠に輝くなど、大ブレイクを果たしている。

 多数の番組にゲスト出演しながら、4月からは日本テレビ系『衝撃のアノ人に会ってみた!』やテレビ朝日系『霜降りバラエティ』などレギュラー番組もスタート。なお、今回の調査は東京地区地上波オンエア番組が対象だが、霜降り明星は関西ローカルの番組にも多数出演しており、この数字以上の人気となっている。

 2位は、昨年10月より日本テレビ系夜のニュース番組『news zero』メインキャスターを務める有働由美子アナ。昨年前期はNHK退社直後で番組出演がほぼなかったため、今年は【126本増】でランクインした。

 3位は、歌手・和田アキ子のものまねで各番組に引っ張りだこのMr.シャチホコ【96本増】。ハイクオリティなものまねで芸人として注目を集めながら、23歳年上の妻・みはるとの結婚生活も話題になるなど、一気に人気芸人への階段を駆け上がった。

 4位はチャラ男漫才で若い女性を中心に人気を集めるEXIT【78本増】、5位はIKKO和泉元彌のものまねで人気のチョコレートプラネット【74本増】、6位は前期朝ドラ『まんぷく』に出演した俳優の瀬戸康史【69本増】、7位にはドラマ『コンフィデンスマンJP』で脚光を浴びた俳優の小手伸也【68本増】が名を連ねた。

■2019上半期テレビ番組出演本数ランキング「ブレイクタレント」
1位 142本増 霜降り明星
2位 126本増 有働由美子
3位 96本増 Mr.シャチホコ
4位 78本増 EXIT
5位 74本増 チョコレートプラネット
6位 69本増 瀬戸康史
7位 68本増 小手伸也
8位 67本増 安藤サクラゆきぽよ(木村有希)
10位 65本増 朝日奈央

【調査概要】
調査項目:タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2019年1月1日〜6月23日
対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・放送局所属アナウンサー、通販番組出演者、再放送番組、ナレーション出演は対象外
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/2019/07/01/1431)


オリコントピックス

 を検索