• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 嵐・櫻井翔、“アイスバス”体験に顔しかめる ラグビーW杯100日前イベントに登場

嵐・櫻井翔、“アイスバス”体験に顔しかめる ラグビーW杯100日前イベントに登場

 人気グループ・櫻井翔が12日、都内で行われた『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した。スペシャルゲストとして参加した櫻井は小学校で2年間ラグビーを経験。キャスターの立場で取材もしており「いよいよ100日前ということで。先日、釜石に取材に行った時、『ブームではなく文化になれたら』なんて話を聞いたんです。文化となりうる一つのきっかけとして、微力ですけどそんな一助になれたら」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 この日、櫻井はラグビーワールドカップ2019PRキャプテンの舘ひろし、2015年の日本代表・五郎丸歩、畠山健介とともにトークを展開。櫻井と舘は、選手が練習後の筋肉疲労や血流の回復のために使用する“アイスバス”を体感することに。「入るんですか?」と服を脱ぐふりをして笑いを誘う舘の前に登場したのは氷水の入ったボール。

 舘はすぐさま「痛いね」とポツリ。「最初の5、6秒はいいですけどその後だんだん痛くなる」と顔をしかめながらも手を浸し続ける櫻井をよそに、さっさと手を拭く舘に櫻井は「なんで舘さんとってるんですか!」と思わずツッコミ。畠山は「僕ら全身を浸けているんですけど、最初は気持ちいいんですが、だんだん冷えてくるのでつらい」と感想を伝え、五郎丸は「フォワードの後には入りたくない。身体が大きい人が汗だくのまま入るので、その後には入りたくなかった」と本音を漏らしていた。

 開幕1年前からイベントなどに参加してきた舘だが「多くの知人から『チケットとれない?』って僕のところに来ます」と苦笑。櫻井も「それは本当に多い」と納得しながら「当然とれないんですけど、ラグビーW杯がせっかく日本であるから、見てみたいなという人が本当に多いですね」と反響に驚いた。

 舘は最後W杯に向け、「あと100日になりましたけど、世界中の超人類がラグビーのために日本に集まるのでぜひご覧いただきたい」と力を込め、櫻井は「僕の世代ですと日韓共同開催のサッカーワールドカップの興奮が自国開催のイベントとして原体験にある。東京のみならず日本列島全体で行われるイベントですから日本列島がラグビーに沸く、世界各国のスーパースターたちが戦うのを生で見られるのが本当に楽しみ。ここからより一層盛り上げるためのお手伝いができたら」と改めて期待に胸を膨らませていた。

 このほか、カウントダウンクロックの除幕や、ブライアン・ハバナ(元南アフリカ代表)、シェーン・ウィリアムス(元ウェールズ代表)によるトロフィー・ハンド・オーバー・モーメントなどが実施された。

関連写真

  • “アイスバス”体験に顔しかめた櫻井翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した(左から)舘ひろし、櫻井翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した舘ひろし (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した五郎丸歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した畠山健介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した櫻井翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』100日前イベントに登壇した舘ひろし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス