• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ネット発の美人歌姫“蒼天のハリー”改め白雪りら、初グラビアでランジェリー姿披露

ネット発の美人歌姫“蒼天のハリー”改め白雪りら、初グラビアでランジェリー姿披露

 2018年1月に「ハピハピ」でメジャーデビューした女性歌手・蒼天のハリーが、「白雪りら」と改名し、11日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)に登場。初めてグラビアに挑戦し、いきなりセクシーなランジェリー姿を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 デビュー曲が『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2』の主題歌に抜てきされ、いきなり注目を集めた白雪。『サンデー・ジャポン』(TBS系)や『ビーバップ!ハイヒール』(朝日放送ほか)などのバラエティーにも多数出演し、今年3月に改名した。

 自ら志願してのグラビアデビューとなった今回、身長166・バスト80・ウエスト58・ヒップ89センチのセクシーボディを解禁。特にトレードマークのお尻を存分にアピールした。

 インタビューではグラビア挑戦の理由について「「好きなタレントさんがだいたいグラビアをやっているというのが大きいですね。そのなかでも中川翔子さんが特に好きで。私もガンダムをはじめとしたロボットアニメオタクなので、中川さんみたいにオタクの憧れになれたらと思っています」と説明。「見た目と中身のギャップを楽しんでもらいたいです」と呼びかけている。

 同号にはそのほか、藤木由貴、小田飛鳥、久保ユリカなどが登場。表紙を飾ったのはグラビアアイドル・女優の都丸紗也華

関連写真

  • 『FLASH』6月11日発売号に登場した白雪りら(C)光文社/週刊FLASH 写真◎塚田亮平
  • 『FLASH』6月11日発売号表紙 (C)光文社/週刊FLASH

オリコントピックス