• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 嵐・大野智『24時間テレビ』4度目のチャリTシャツデザイン メンバーも絶賛「いよいよ、始まるね」

嵐・大野智『24時間テレビ』4度目のチャリTシャツデザイン メンバーも絶賛「いよいよ、始まるね」

 人気グループ・大野智が今年の日本テレビ系『24時間テレビ42 人と人 〜ともに新たな時代へ〜』(8月24・25日放送)の「チャリTシャツ」をデザインしたことが8日放送の同局系『嵐にしやがれ』(毎週土曜 後9:00)内で発表された。大野がチャリTシャツのデザインを手掛けるのは、2004年・2012年(奈良美智氏とコラボ)・2013年(草間彌生氏とコラボ)に続いて通算4回目。単独でのデザインは、2004年以来15年ぶりとなる。

【写真】その他の写真を見る


 『24時間テレビ』のシンボル、番組の顔でもあるチャリTシャツ。今年、描かれているのは、テーマ「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」にちなみ『固く握り合った手』。その手の中に笑顔だけでなく、泣いたり叫んだり、人生を表す様々な表情と風景が描かれている。カラーバリエーションは、黄色・白・ピンク・水色、そして新色のミントの全5色。同じデザインでもTシャツの色によって様々な表情を見せてくれる。

 番組では制作過程にも迫り、大野は嵐としてパーソナリティー就任発表直後から、デザイン作成に取り掛かった。テーマから着想を得て、緻密なペン画で固く握り合った手を描いたが、大野は「手と手を握り合って次の新たな時代につながっていく、というイメージ」とコメント。

 さらに、その手の中に描かれた様々な景色やひとの表情について「ハッピーなことばかりじゃなくて、悲しい顔だったり泣いたり叫んだり、色々な感情がある。そんな中でも、みんなで助け合っていこうという思いを込めた。描きながら、すごいポンポン(アイディアが)降りてきて、自分が想像してたのより…超えてきたね(笑)」とデザインの出来に満足した様子で語った。

 スタジオでTシャツがお披露目されると、嵐メンバーと今年も総合司会を務める羽鳥慎一・水卜麻美アナウンサーから「キレイ!」「素敵」と歓声が上がった。大野自身も「デザイン画で見るより、Tシャツになったほうがいい」と仕上がりに納得。

 握り合った手の爪には、メンバーのイニシャル(O、N、S、A、M)が書かれていることを知り、櫻井翔は「一文字も書いてないけど、参加させてもらった気分になる(笑)」と大野の優しさに感謝。続けて、二宮和也も「思いを感じる。思わずこうなるね(胸を張るポーズ)」とデザインから得るメッセージの力強さをアピール。

 松本潤は、デザインに色をつけるか悩んでいた大野に「色が入って、よかった」。相葉雅紀は「Tシャツの大きさと絵のバランスがいい」と、それぞれ今年のチャリTシャツの仕上がりに賛辞を贈った。最後に嵐の5人は、この日初めてチャリTシャツに袖を通し「いよいよ、始まるね」と、24時間テレビへの思いを改めて強くした様子で締めくくった。

 Tシャツは6月15日より日テレ屋(汐留店・東京駅店)、全国のイオングループ各店など全国で取扱開始(※イオングループ各店では120サイズの取扱いはなし)。

●24時間テレビチャリティーグッズ通販サイト 
http://www.ntv.co.jp/24h/tshirt/index.html

関連写真

  • 嵐・大野智デザインの『24時間テレビ42』チャリTシャツお披露目 (C)日本テレビ
  • 嵐・大野智デザインの『24時間テレビ42』チャリTシャツ 黄色(C)日本テレビ
  • 嵐・大野智デザインの『24時間テレビ42』チャリTシャツ ピンク(C)日本テレビ
  • 嵐・大野智デザインの『24時間テレビ42』チャリTシャツ 水色(C)日本テレビ
  • 嵐・大野智デザインの『24時間テレビ42』チャリTシャツ ミント(C)日本テレビ
  • 嵐・大野智デザインの『24時間テレビ42』チャリTシャツ 白(C)日本テレビ

オリコントピックス