アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【ホココス】現役看護師が語る『ラブライブ!』の魅力 “夢”を追いかける姿勢に共感

【ホココス】現役看護師が語る『ラブライブ!』の魅力 “夢”を追いかける姿勢に共感

 19日、 名古屋・栄で開催されたコスプレイベント『ホココス 〜南大津通歩行者天国COSPLAY〜』。名古屋のメインストリートの1つ、南大津通や矢場公園を埋め尽くした多くのレイヤー、カメラマン、 ギャラリーの多さに、改めて名古屋のコスプレ熱の盛り上がりを感じた。

 特にギャラリーの注目を集めていたのが 『ラブライブ!』、『バンドリ!』に代表される、音楽ゲームをベースとした作品のコスプレイヤー。華やかな女の子キャラが多い点、そして衣装のバリエーションの豊富さが、女性レイヤーからの人気を担う2大ポイントだ。 その中のキャラが可愛いとくれば、コスプレの題材として人気を集めるのも当然だろう。

 『ラブライブ!』随一の人気キャラ・南ことりのコスプレに身を扮していたのが、レイヤーのゆあさん。普段は看護士として働き、コスプレ歴は2年半ほどという彼女。今日は大阪から 乗り込んで来たとか。「大阪って、やっぱコスプレイベントが少ないんですよ」と嘆くゆあさんに『ラブライブ!』の魅力を聞いてみる。「『ラブライブ!』って、やっぱキャラが可愛いところが最大の魅力だと思います。あと、同じキャラでも衣装のバリエが豊富なんで、コスプレしがいがあるって点もポイント高いですね」(ゆあさん)。中でも南ことりは、以前からの推しキャラなんだとか。「好きなキャラと同じ衣装を着られるってのは、何事にも変えがたい楽しさですね。今日のコスプレで特に見てほしいのは前髪のセット。かなり上手くいったので嬉しいです」(ゆあさん)と話してくれた。

 小泉花陽に扮したきゅうりさん、星空凛に扮した鹿さんの『ラブライブ!』コスプレは、その統一感と完成度の高さでギャラリーからの人気も高い。きゅうりさんは5年目、鹿さんは4年くらいと、2人とも 実力派レイヤーだ。普段きゅうりさんは専門職、鹿さんは看護士として働いているんだとか。「コスプレを始めたキッカケは花陽ちゃんの存在なんですよ。彼女の衣装をみて『この子の衣装を着てみたい!』ってなったのが、コスプレを始めた理由だったので」(きゅうりさん)。小泉花陽の魅力 については、「ちょっとか弱いキャラで、養ってあげたくなっちゃうところが好きですね(笑)」と、きゅうりさん。コンビネーション抜群の2人、彼女たちに『ラブライブ!』の魅力を尋ねてみると、「登場キャラがみんな、夢に向かって一生懸命なところ。そんな彼女たちの姿勢を見ていると、応援しない訳にはいかないでしょ」(鹿さん)、「キャラも可愛いし歌もいい。文句のつけようがないです」(きゅうりさん)と、2人とも『ラブライブ!』に首ったけの様子。「今日は凛ちゃんっぽさを出すよう、普段と目元の化粧を変えて見ました。このコスプレは今回で2回目なんだけど、メイク含めてそれなりに上手くいったかな、って感じ」と話す、鹿さん。細かいディテールにまでこだわった2人のコスプレは現場で注目を集めていた。

 『ラブライブ!』と並んで音楽ゲームの2大巨頭と呼べるのが『バンドリ!』だろう。まるでお菓子のようなキュートなカラー衣装で参加してくれたのが、大学時代からコスプレを始めて、会社員の今でもコスプレイヤーとして頑張っている、りんごさん。ポップな色使いの市ヶ谷有咲コスプレは、『バンドリ!』を知らない若いギャラリーの中でも大いに存在感を発揮していた。「大学時代、友人に誘われてコスプレを始めました。名古屋ってコスプレ人口が多いし、コスプレにこだわっているレイヤーも多いんです。今日のイベントを通じて、名古屋のコスプレイヤーの盛り上がりを少しでも伝えられたら嬉しいですね。名古屋サイコー(笑)!」と、地元とコスプレに対する愛が濃厚なりんごさん。「次は『ラブライブ!サンシャイン』の桜内梨子コスプレをやってみたい」(りんごさん)と、すでに視線は次回コスプレを見据えている様子。

 普段は医療事務で働くPnc(パニコ)さんは、『バンドリ!』今井リサのコスプレ で参加。「見た目はギャルっぽいけど、友達に対していつも一生懸命なところに惹かれます」と話してくれた。映像のオシャレさはもちろん、着用しているレザージャケットも生地を貼り付けてオリジナル感を出すなど、こだわりを感じる。 「『バンドリ!』って、登場キャラが可愛い上に、何よりストーリーがしっかりしてるんですよ。だから応援したくなるし、誰でも楽しめる理由かな」(Pncさん)。

 『ラブライブ!』『バンドリ!』ともに、夢へ向かって頑張る彼女たちの前向きな姿勢に共感を覚えるという意見が多かった。ゲームを通じて女の子たちの頑張りに注目したこれらのゲーム、まだまだ世の女性たちを夢中にしていくだろう。

オリコントピックス