アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 上原実矩、MVやCMでも活躍する若手女優「同世代は気にしない」

上原実矩、MVやCMでも活躍する若手女優「同世代は気にしない」

 3月にリリースされたBUMP OF CHICKEN「Aurora」のミュージックビデオ(MV)で、力強いまなざしが印象的な少女を演じ、話題になった女優の上原実矩(20)。新鋭映像作家・林響太郎氏が監督したこのMVは、「逆境の中でも決して折れることのない心」をテーマに、絶望的な状況の中でもくじけず立ち上がり強大な目標に向かう少女の姿が、楽曲の象徴として描かれていた。

【写真】その他の写真を見る


 上原といえば、3人組ガールズバンド・SHISHAMOのMV(「君と夏フェス」、「さよならの季節」「君とゲレンデ」)でおなじみの顔。小学生の頃、子役のモデル事務所に所属し、映画『君に届け』(2010年)で多部未華子の少女期を演じたこともある。本格的に女優として活動するようになったのは、13年放送のドラマ『放課後グルーヴ』(TBS)から。

 以後、『大人ドロップ』(14年、飯塚健監督)、『暗殺教室』(15年・16年、羽住英一郎監督)、『ガールズ・ステップ』(15年、川村泰祐監督)、『飢えたライオン』(18年、緒方貴巨監督)、『来る』(18年、中島哲也監督)などに出演。『来る』では巫女を演じて、ほんのわずかな出番ながら大きな存在感を示した。

 4月に開催された『島ぜんぶでお〜きな祭-第11回沖縄国際映画祭-』にて一般初上映された地域発信型映画『この街と私』では初主演を務めた。東京都葛飾区とよしもとクリエイティブ・エージェンシーがコラボレーションした作品。バラエティー番組を作るために制作会社に入社した主人公・村田美希(上原)が、ディレクターに命じられたのは街頭インタビュー。渋々仕事をこなしていた美希だったが、葛飾区の街の人たちと触れ合っていくうちに、だんだんとインタビューへのめり込んでいく。

 「初めて真ん中に立たせてもらって、朝から晩まで撮影現場にいて、スタッフさんと一緒にいる時間が長ったことで、改めて映画はこうして作られいるんだ、という違う角度から見ることができて、新たな発見がありました」

■「自分の色を出していきたい」

 BUMP OF CHICKENのMVもそうなのだが、透明感がありながら、その瞳に強さを宿す上原には、何かと戦っている、どこか憂いを漂わせる役が似合う気がする。

 「私自身は闇を抱えているタイプでは全然ないのですが、重い役をいただくことが多くて…。そんなに暗い人に見えるのかな…、声が低いからかなぁ…と、葛藤した時期もありました。最近になって、陰のイメージが起用の理由になるのであれば、その方向に思いっきり転がってみようと思えるようになりました。もしかしたら、自分の色も出て、強みになっていくんじゃないか、と。明るい方向に振るのはいつでもできると思うので(笑)」

 その振り切った感が出ていたのがバンプのMVだった。彼女のインスタグラムにもそれは表れていて、「(MVと)印象が違い過ぎてびっくりした」といった書き込みもよくあるとか。実際、よく笑うし、MVの印象とのギャップに少し驚いた。「母が作ってくれるだし巻き卵が大好き」という飾り気のないところも好感が持てる。そして、少し低い声が特徴的だ。

 「監督や演技指導の先生などから声に特徴があるのは武器になる、『俳優は楽器だ』といったお話を聞くことがありました。同じせりふをしゃべっても印象に残る声と残りにくい声があるって。私は子どもの頃から声が低くて、ずっとコンプレックスでした。女の子らしい高い声だったらよかったのに、と思っていたんですが、芝居をするようになって、自分の声を大事にしようと思うようになりました。両親に感謝です」

 同世代には雑誌モデルのオーディションで発掘された女優が多い中、上原は『nicola』や『Seventeen』などのファッション誌の専属モデルには一切興味がなく、「自分には縁のない世界だと思っていた」という異色のバックボーンを持つ。それでも最近は、『NYLON』や『FIGARO JAPAN』、『SPUR』など、モード系ファッション誌のモデルの仕事が増えてきて、「姿かたちは完璧とはいえない自分が被写体になっているのが不思議な感じがします」。

 いざ、モデルの仕事をやってみると、「静かに佇んでいる時より、動きながら身体を使って表現するほうが得意」な自分を発見したり、「狭い世界しか見ていなかった」ことに気づいたり。これからもっと「自分らしさ」を見つけて、「磨いていきたい」という。

 「同世代と自分を比べて以前ほど不安を感じて落ち込んだりしなくなりました。気にしなくなったら自分らしくいれる。大切な事しかしないようになれる。昔より人とのつながりが増えて、考え方などの視野が広がってきた、大人になってきたってことですかね(笑)。いまやりたいこと、いましかできないこともあると思います。思い通りにいかなくても、25歳になった時に、30歳になった時に、何ができるんだろう、そのために何をすべきなんだろうと考えることが励みになって、頑張れる気がします」。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • BUMP OF CHICKEN「Aurora」のミュージックビデオで注目された上原実矩 (C)ORICON NewS inc.
  • 地域発信型映画『この街と私』では初主演を務めた (C)ORICON NewS inc.
  • インタビュー時、好きな食べ物は「海苔」と答えていた上原 (C)ORICON NewS inc.
  • BUMP OF CHICKEN「Aurora」のミュージックビデオで注目された上原実矩 (C)ORICON NewS inc.
  • BUMP OF CHICKEN「Aurora」のミュージックビデオで注目された上原実矩 (C)ORICON NewS inc.
  • BUMP OF CHICKEN「Aurora」のミュージックビデオで注目された上原実矩 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス