アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 伊藤健太郎、映画完成後に監督から“公開ダメ出し”

伊藤健太郎、映画完成後に監督から“公開ダメ出し”

 俳優の伊藤健太郎(21)が14日、都内で行われたアニメ映画『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。会場で湯浅政明監督から公開ダメ出しを受け、「完成後にやめてくださいよ」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつにはGENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太と女優・川栄李奈松本穂香も出席し、アフレコ時に印象に残ったことを聞かれた。片寄はささやきのシーンを挙げ、「もっと息っぽく!」と何度もダメ出しを受けたことを語った。川栄は苦手意識を持つ歌唱シーンの多さに、「気持ちよく歌わせていただきました」と苦笑い。松本は「あっそ」というセリフだけ何度も指摘されたと明かし、湯浅政明監督も「ちょっと怒ってました」と振り返った。

 出演者が口をそろえて監督に鋭く指導されたと語る一方、伊藤だけは「僕はなかった。嫌われてるのかな」と苦笑い。しかし、監督は「あるシーンで1回目を録った時にノイズが入っていたため、録り直した。その後、何度も録ったが、それ以上のテイクが取れなかったため、ノイズを技術で消した1回目を使用した」と告白。衝撃の事実に伊藤は「完成後のダメだしはやめてください」と落ち込みながらも、監督に「1発目でこれだけできるんだということ」とフォローを受け、笑みを浮かべた。

 また、同作は自信を持てずにいる人たちの背中をそっと押すような作品であるということで、これまでに背中を押された経験を聞かれた伊藤は、幼稚園時代の先生とのエピソードを即答。「仕事が立て込み、疲れ切っている時に『死にそう』と弱音を吐くも、『死に“そう”ならまだ大丈夫、“死ぬ”なら飛んでいくから』と励まされ、うれしかった。まだまだ頑張れると思った」と長年の恩師に激励された経験を語った。

 舞台あいさつ終盤、タイトルにちなみ波に乗っておきたいことを聞かれると、片寄は「この作品を見ないと、この夏波にのれないですよ」と会場を盛り上げた。川栄は「この映画は映像が綺麗で、本当に(海の)波にのりたいと思った」とコメント。松本は「映画の中で多く出てきた料理を頑張りたい」と口にし、これに反応した片寄は、川栄が「煮物」が得意料理という一面を明かし会場を沸かせた。最後に発言した伊藤は先に話した3人の話をまとめたコメントで、会場の笑いを誘っていた。

 物語は、海辺の街を舞台に描いた青春ラブストーリー。片寄は消防士の雛罌粟港(ひなげし みなと)、川栄は大学生の向水ひな子(むかいみず ひなこ)を演じる。2人は恋人同士になるが、ある事故で港が命を落としてしまう。すっかり落ち込んでしまったひな子だが、2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」と言われ再会を喜ぶひな子だが、一緒にいることができるのか、姿を見せた本当の目的も明かされていく。

関連写真

  • アニメ映画『きみと、波にのれたら』の完成披露舞台あいさつに出席した伊藤健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ映画『きみと、波にのれたら』の完成披露舞台あいさつに出席した(左から)伊藤健太郎、川栄李奈、片寄涼太、松本穂香、湯浅政明監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 川栄李奈と2人で歌うことを提案した片寄涼太 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ映画『きみと、波にのれたら』の完成披露舞台あいさつに出席した川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ映画『きみと、波にのれたら』の完成披露舞台あいさつに出席した湯浅政明監督 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ映画『きみと、波にのれたら』の完成披露舞台あいさつに出席した松本穂香 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ映画『きみと、波にのれたら』の完成披露舞台あいさつに出席した川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス