アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • SILENT SIRENあいにゃん、絵本作家デビュー コンクールで優秀賞

SILENT SIRENあいにゃん、絵本作家デビュー コンクールで優秀賞

 4人組ガールズバンド・SILENT SIRENあいにゃん(山内あいな/ベース担当)が、絵本作家としてデビューすることがわかった。CS放送「テレ朝チャンネル1」で放送しているSILENT SIRENの番組『サイサイてれび!おちゃの間サイサイ』(毎週土曜 後10:30〜11:00ほか)の企画で、昨年11月より初めての絵本作りに挑戦。出版化を夢見て、『第1回CHICORA BOOKS(チコラブックス)キャラクター絵本出版大賞』に応募。なんと優秀賞を受賞したのだ。

 同番組は、2014年10月にスタートした、テレ朝動画「おちゃの娘サイサイ」の姉妹番組。お茶の間の人々にサイサイのいろんな魅力を知ってもらうため、過去の厳選作品に新作をプラスし、新たなベスト盤として放送している。

 もともと絵を描くのが好きで、デザイン系の4年制大学に通った彼女が、先生に教わりつつ、作業すること約4ヶ月、ようやく完成した絵本のタイトルは『にゃんにゃんにゃんたのだいへんしん』。

 その過程には涙なしでは語れない秘話が満載。この企画を始めるきっかけとなったのは「姪っ子が生まれた」ことが大きいという。しかし、「絵本を描かなければいけない期間が、本当にスケジュールがタイトに詰まっていたタイミングだったので大変そうでした」と証言するのは、メンバーのゆかるん(黒坂優香子)。「その中に1日だけ『おやすみ』があったんですが、その時も自宅に籠ってずーっと描いていたし、仕事場でも、画用紙を持ってきて、隅の方で描いていましたね(笑)。1枚1枚が画用紙より、かなり重いのに、それをずっと持ち歩いて描いているのを見てきた」という。

 当のあいにゃんは「現場に絵本を持ち歩いて描いてるのって、『私頑張ってますよ感』が出て好きじゃなかったんですが、期日的にももうホント余裕がなくて、持って行って描かなければ間に合わないくらい、きつかったのを、皆が見守ってくれたので、とてもうれしかったです」と仲間に感謝。

 「ずっと、絵本教室に通って、松本えつを先生に教わって、作ってきました。先生は、かなり普段穏やかな方なんですけど、何回か、宿題をやって来られなかったかった時があって、このままだとホントに間に合わないよと、かなりのガチトーンで怒られて、たまらず号泣した時もありましたね(笑)。『忙しいって言い訳にならないんだよ…』って“完璧なまでの正論”を言われて」と苦笑いしながら振り返っていた。

 今回、応募したコンクールは、イギリスや中国など、全世界からプロアマ問わず参加し、応募総数200を超えた。この結果発表の模様が11日、『サイサイてれび!おちゃの間サイサイ』で放送される。

 番組収録では、「受賞できなかった場合」の進行台本も用意されていたそう。メンバーが封筒内に書かれていた結果を「優秀賞」と読み上げると、あいにゃんは「ホントに? 信じられない…」を連発。苦労を見てきたメンバーからも涙があふれ、ゆかるんも「自分のことのようにうれしいです!」と喜んでいた。

 番組では、5月下旬に行われる「受賞式」にも密着し、後日放送予定としている。

関連写真

  • SILENT SIRENのあいにゃん(山内あいな/ベース担当)が絵本作家デビュー
  • CS放送「テレ朝チャンネル1」で放送中、SILENT SIRENの番組『サイサイてれび!おちゃの間サイサイ』5月11日に結果発表時の様子を放送
  • 「優秀賞」と聞いて思わず涙したあいにゃん

オリコントピックス