アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 貴乃花光司氏、アニマル浜口の“圧”にタジタジ「まねのできない迫力」

貴乃花光司氏、アニマル浜口の“圧”にタジタジ「まねのできない迫力」

 元横綱の貴乃花光司氏が5日、横浜・日産スタジアムで『JA全農 チビリンピック2019』にゲストとして参加。元プロレスラーのアニマル浜口のパワーに圧倒される場面があった。

【写真】その他の写真を見る


 囲み取材で子どもたちと楽しくふれ合った感想を問われた貴乃花氏は「小学生のころの運動会を思い出すよう。お子さんたちが、たくさん集まる場所は大人たちが元気をもらえる」とさわやかな笑顔を見せた。一方、アニマルは開口一番に「貴乃花さ〜ん」と絶叫。続けて「みなさ〜ん、貴乃花さんの一言って重いよ〜。重い。本当に勉強になる」と話し、恩返しとばかりにスタミナとスピードと集中力がつく動きを披露し、驚かせた。

 そして、子どもたちに大事にしてほしいことを聞かれると「やりたいことをやる! これが一番いいと思います。お子さんたちには、たくさんの競技をやってほしい」と持論を展開。すかさずアニマルは「重たい! 重たいね〜。あの一言は重たい」と合いの手を入れていた。

自身は「負けは恥じゃない。負けてたまるか、とはいつくばって立ち上がっていく精神が大事」と話し「一切の困難を乗り越えれば夢はつかめる。そうでしょ、貴乃花さん。それを乗り越えたから横綱になれた」と同意を求めて“気合だ”コール。角界では、さまざまな強敵と相対しても負けなかった貴乃花氏だが、アニマルの猛烈な圧には耐えきれず、両手を膝についていた。

 イベントで貴乃花氏は「チビッコ大声選手権」に登場し、アニマルに促され、大声出す場面も。一緒に参加した八木かなえ選手に「オリンピックで金メダルを取ってください!」と普段とは打って変わった大きな声でエールを送っていた。もともと選手権に出る予定はなかったという貴乃花氏は「回ってくるだろうな、と。やっと声が出せました」と苦笑い。アニマルは「日本だって世界だって、貴乃花さんの大声は聞きたい。こんなチャンスはない。一生に1度だもん」とご満悦だった。

 貴乃花氏は「子どものころからプロレス好きで、スター選手でしたから」と幼少期からアニマルのファンだったそうで「まねのできない迫力で素晴らしい。エンターテイナー。きょう、お子さんが見習って浜口さんのような人が育ったたら」と期待していた。

 また、アニマルの娘である浜口京子も一緒に参加。大事なのは「コツコツと努力して頑張ること」と正直に返答。北澤豪から「気合じゃないの?」とツッコミを入れられると、京子は「そうでした、気合でした!」と苦笑いで訂正。アニマルは「貴乃花さんに学んで一言に重さを着けてくれよ」と“指導”を受けていた。

 囲み取材には里崎智也高橋尚子石川佳純選手、八木かなえ選手も参加した。

関連写真

  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した貴乃花光司氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)里崎智也、八木かなえ選手、貴乃花光司氏、石川佳純選手、高橋尚子、浜口京子、アニマル浜口、北澤豪=『JA全農 チビリンピック2019』
  • アニマル浜口(右端)の圧に膝に手をつく貴乃花光司氏(左端)=『JA全農 チビリンピック2019』
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した高橋尚子
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した里崎智也
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した八木かなえ選手
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した石川佳純選手
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した浜口京子
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加したアニマル浜口
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した北澤豪
  • 『JA全農 チビリンピック2019』に参加した高橋尚子

オリコントピックス