アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 美人エスティシャン、美ボディ大会「ビキニ」部門で準優勝 トレーニングで「心も変わった」

美人エスティシャン、美ボディ大会「ビキニ」部門で準優勝 トレーニングで「心も変わった」

 開催5年目を迎える、美ボディを競うコンテスト『サマースタイルアワード(以下SSA)』。今年は全国7カ所で地区予選大会が行われ、各部門の上位入賞者が8月に開催される全国大会に出場することができる。

【写真】その他の写真を見る


 神奈川県の麻生市民館で先月開催された横浜大会地区予選には、130名以上の美筋自慢が集結。男女別に目標とするシルエットや筋量、年齢などに応じて9部門、14クラスに分かれ、グランプリを競い合った。

 これまで女性部門は「ビューティーフィットネスモデル」、「ベティ」、「ヴィクトリア」が設けられていたが、昨年、「ビキニモデル」部門が新設された。見た目が華やかなだけでなく、女性らしいシルエットと筋量がバランス良く評価されるとあって、早くも注目を集めている同部門。今回、準グランプリには、27歳でエステティシャンの浅沼真由美さんが選ばれた。

 「筋トレを始めたのは、3年くらい前。25歳くらいになると一気に体質が変わると聞いて、このままじゃまずいなと。ちょうど友達の結婚式が重なっていたこともあり、このタイミングでダイエットしようと思ったのがきっかけでした」

 当時は、現在よりも体重が13kg増で、体脂肪率も33%ほどあったという。何を着ても洋服が似合わず、ストレスになっていたそうだ。

 「できるだけ毎日ジムに通って、パーソナルトレーニングも受けながら、筋トレを続けてきました。大会ではVシェイプがより目立つように、バックポーズで背中にしっかり力を入れて表現しました」

 トレーニングをすることで「体型だけでなく、心も変わった」という浅沼さん。自分に自信がついて、洋服選びが楽しくなっただけでなく「おへそが見えるような服やピタッとしたスカートも、堂々と着こなせるようになりました」と笑顔を見せる。

 「目指しているのは、筋肉がつくべきところにはついて、女性らしいしなやかさもあるメリハリボディ。そんな理想に少しでも近づいて、もっと自分に自信が持てるよう、これからもトレーニングは続けていきたいです」

関連写真

  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門準グランプリ・浅沼真由美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門準グランプリ・浅沼真由美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門準グランプリ・浅沼真由美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門準グランプリ・浅沼真由美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス