アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 35歳の美人ママ、美ボディ大会でグランプリ「よく褒められるのは、お尻」

35歳の美人ママ、美ボディ大会でグランプリ「よく褒められるのは、お尻」

 健康的で引き締まった美ボディを競い合うコンテスト『サマースタイルアワード(以下SSA)』。平成最後の大会となった横浜大会地区予選が先ごろ、神奈川県の麻生市民館で開催された。目標とするシルエットや筋量、年齢などが異なる9部門、14クラスに130名以上がエントリーし、8月に開催される全国大会出場を目指して、熱い闘いを繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 女性らしいシルエットと筋量がバランス良く評価される「ビキニモデル」部門には8名の美筋美女が登場。昨年スタートしたばかりの新しいカテゴリーながら、誰が勝ってもおかしくないほど、参加者のレベルが高い注目部門だ。

 そんな「ビキニモデル」部門でグランプリに輝いたのが、手入れの行き届いたロングの黒髪が印象的だった竹村琴美さん。週3日ほどパート勤めをしながら、トレーニングに励んでいるという35歳の美人ママだ。

 「3〜4年前の私は、(体重が)40kgくらいしかなくて。ガリガリで、周りの人から引かれるくらい細かったんです。横から見ても前から見ても薄っぺらな体がすごくイヤで。健康的で、女性らしいメリハリのある体になりたいと思って、独学でトレーニングを始めました」

 約1年半前から、パーソナルジムで本格的な筋トレをスタート。SSA出場者のインスタを見て「私も出たい!」と思い、今回エントリーしたという。

 「自分ではまだまだと思っているのですが、よく褒められるのは、お尻ですね。ポージングの指導をしてくださった先生に『背中からヒップトップにかけてのラインが強みだから、そこを強調できるようなポージングをしたほうがいいよ』と言われたので、ポージング時に、そこをすごく強調しました」

 「もっと肩幅や背中の広がりがほしい」と語る竹村さん。目指しているのは、“いかつさがなく、ガチガチでもない女性らしいメリハリのあるボディ”だ。

 「筋トレばかりしているので、11歳の娘には引かれていますが…(笑)。励まし合ったり、刺激し合ったりできる仲間と出会えるのも、トレーニングの魅力です。もうちょっとボディラインに磨きをかけて、今後は大会だけでなく、ほかのことにも挑戦していきたい。実は今、ピラティスのインストラクターを目指したいなと思っていて。レッスンにも通い始めたので、そちらも力を入れていきたいです」

関連写真

  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門グランプリ・竹村琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門グランプリ・竹村琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門グランプリ・竹村琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門グランプリ・竹村琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 横浜大会』ビキニモデル部門グランプリ・竹村琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス