• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • スポーツ
  • 東京五輪、5・9チケット抽選申し込み開始 転売対策でメルカリ&ヤフオク!&ラクマの出品禁止

東京五輪、5・9チケット抽選申し込み開始 転売対策でメルカリ&ヤフオク!&ラクマの出品禁止

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、国内在住者向けの五輪チケットの抽選申し込みをゴールデンウィーク明けの5月9日に開始すると発表した。同月28日まで受け付け、6月20日に抽選結果を発表する。1人の申し込みの上限は第1希望と第2希望を合わせて60枚までで、最大30枚が当選する。また、18日に公式販売サイトを立ち上げられた。

【写真】その他の写真を見る


 開会式は最高が30万円で最低が1万2000円。閉会式は最高が22万円で最低が1万2000円。それぞれ5段階で値段が変わる。希望すれば、申し込んだ席種で当選しなかった場合に1つランクが下の席種も抽選対象となる。

 あわせて大手フリマ、オークションサービスでの不正転売に関する対応も発表された。大会のチケットは販売・転売が禁止されている。また、組織委は今年6月に施行される「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」を踏まえた施策に取り組むという。

 組織委はメルカリ、ヤフオク!、ラクマから、同アプリやサイト上で「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」のチケットを出品禁止すること、チケット不正転売防止に取り組むことを表明したと発表した。

 チケット購入後、観戦できなくなった場合には、組織委が提供する公式リセールサービスを通じて定価で譲渡するこが可能。非公式チャンネルで取引された場合は利用契約において無効化することを定めており、非公式なチャンネルで取引されたチケットでの入場は断られる。

■東京2020公式チケット販売サイトURL
https://ticket.tokyo2020.org
※公式リセールサービスの詳細は決まり次第、公式サイトなどで発表される。

関連写真

  • 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」のチケット転売対策発表 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の会見に出席した大橋未歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の会見に出席した(左から)大橋未歩、北島康介 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の会見に出席した北島康介 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の会見に出席した北島康介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス