アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 大地真央、長野博&高木雄也に挟まれご満悦「こんな素敵な2人を」

大地真央、長野博&高木雄也に挟まれご満悦「こんな素敵な2人を」

 女優の大地真央が12日、都内で行われた5月日生劇場舞台『クイーン・エリザベス』製作発表記者会見に出席した。劇中で自身が演じるエリザベス女王が惹かれていく2人の男性役の、V6長野博Hey! Say! JUMP高木雄也に挟まれる形となった大地は「こんな素敵なお2人に思い、思われ、女王として自分の役目、生きている意味を葛藤しながらそれでも一人の女性として恋しながら」とご満悦の様子で明かした。

【写真】その他の写真を見る


 16世紀イギリスの女王エリザベス一世の半生を舞台化した同作。エリザベスが密かに心を寄せる寵臣レスター伯役に長野、レスター伯亡き後に彼女の心の隙間を埋めるエセックス伯を高木がそれぞれ演じている。

 『輝ける王冠と秘められし愛』という副題のもと、女王として並外れた才能を持ち、混乱の時代のイギリスを先頭で引っ張っていったエリザベス女王の物語を21歳から、晩年にさしかかるまでのおよそ40年間を描いていく。しかしこの“21歳”という設定には「忘れてください。若い頃から大変なオトナまでそんな雰囲気でと捉えていただければ」と恥ずかしそうにけん制してみせた。

 4月1日にけいこ初日を迎え、長野は「元号が発表された日。そして令和に元号がかわってすぐ初日なので記憶に残る舞台になると思うのでみなさん楽しみにして」と呼びかけ、ストレートプレイ2回目の挑戦となる高木は「2回目で大地さんを始め、素晴らしい方々とステージに立てることがうれしい。令和の時代一発目なのでしっかりと平成をジャンプして、令和時代を頑張っていきたいと思います」とグループ名にちなんで意気込みを語った。

 また、囲み取材ではグルメ通である長野が大地に向け「けいこ含め2ヶ月ご一緒させていただくので、いろいろ教えていただきながら。(案内する)機会もあったらいいな。お話のなかで選んでいきますね」と約束。高木も「おこぼれに預かります」と期待を寄せていた。

 5月5日から東京・日生劇場にて上演。

関連写真

  • 日生劇場舞台『クイーン・エリザベス』製作発表記者会見に出席した(左から)高木雄也、大地真央、長野博 (C)ORICON NewS inc.
  • 日生劇場舞台『クイーン・エリザベス』製作発表記者会見に出席したHey! Say! JUMP・高木雄也 (C)ORICON NewS inc.
  • 日生劇場舞台『クイーン・エリザベス』製作発表記者会見に出席したV6・長野博 (C)ORICON NewS inc.
  • 日生劇場舞台『クイーン・エリザベス』製作発表記者会見に出席した大地真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 日生劇場舞台『クイーン・エリザベス』製作発表記者会見に出席した大地真央 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019