• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 杏&麻生久美子、原恵一監督が見出した声優の才能 『バースデー・ワンダーランド』で再会

杏&麻生久美子、原恵一監督が見出した声優の才能 『バースデー・ワンダーランド』で再会

 「クレヨンしんちゃん」劇場版シリーズなど“大人が泣ける”アニメーションの巨匠・原恵一監督の最新作で、女優・松岡茉優が声優初主演を務めるアニメ映画『バースデー・ワンダーランド』(4月26日公開)。同作で主人公・アカネ(松岡)と関わる重要人物を演じているのが麻生久美子だが、2人の共通点は過去に原監督の作品で“声優デビュー”を飾ったこと。声の才能を見出してくれた原監督と再び現場を共にする心境を語った2人のコメントが到着した。

【写真】その他の写真を見る


 プロの声優らと長年仕事をしてきた原監督は、俳優の“声”に注目してしまうそう。杏は『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』で葛飾北斎の娘でヒロインのお栄、麻生は『カラフル』の主人公・真の母親役でそれぞれ声優デビューしたが、「杏さんも麻生さんも当時起用したとき、声優に向いている声だと思っていました」とその才能を確信したという。その後、杏は『アンパンマン』映画や洋画の吹替え、麻生は細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』など、今では2人とも声の仕事で確実に存在感を示している。

 今作で原監督と杏は2度目、麻生は3度目のタッグとなり、監督と信頼関係も抜群。作中で杏はアカネと一緒にワンダーランドの冒険に行くチィ役、麻生はアカネの謎めいた母親ミドリ役をそれぞれ務めている。

 杏は「原監督は私の声のクセなどを理解してくださっているので、またお声がけ頂けて本当に嬉しいです。収録前から私の声に合わせてイメージしたチィというキャラクターを作ってくださったのかなと思います」と笑顔。麻生も「監督とは信頼関係があるからこそ、リアルな感情を引き出してもらえたので、その瞬間にしか生まれない言葉が作品に刻まれていると思います。3度目なので過度の緊張をすることもなく、リラックスして監督の演出を楽しみながら収録できました」と、2人とも原監督との仕事を楽しんだようだ。

 特にアカネと一緒に冒険に出るチィは物語を引っ張っていくキャラクターとあり、杏は「チィは一番よくしゃべるので、それが大変だった部分でもあり、やりがいがある部分でもありました」と振り返る。「でもチィの童心を失わず、探求心を持ち続ける部分は見習いたいですね。今後アカネが人生を歩んでいく上で、大切な存在になっていくのかなと思います」と役の魅力を語った。

 原作は累計発行部数50万部超えのベストセラーで、柏葉幸子氏による『地下室からのふしぎな旅』(講談社青い鳥文庫)。ストーリーは、自分に自信がない主人公・アカネ(松岡茉優)の前に、謎めいた大錬金術師のヒポクラテスとその弟子のピポが現れるところから始まる。「私たちの世界を救ってほしいのです!」と頼まれたアカネは、“幸せな色に満ちたワンダーランド”に連れて行かれる。そんな世界から“色”が消えてしまい、救世主となったアカネが人生を変える決断を下していく物語。

関連写真

  • 杏が演じるチィ (C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 麻生久美子演じるミドリ (C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • (左から)松岡茉優演じるアカネ、麻生久美子演じるミドリ(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』 (C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

オリコントピックス

 を検索