• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 『羽鳥慎一モーニングショー』2018年度平均9.3% 民放でV3

『羽鳥慎一モーニングショー』2018年度平均9.3% 民放でV3

 テレビ朝日の朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(前8:00〜9:55)が、この度発表された2018年度(18年4月〜19年3月)の平均視聴率で9.3%を獲得。16年度の7.4%、17年度の8.3%に続いて、3年度連続で民放トップを獲得した。月間視聴率は8月と2月に9.9%で自己最高をマークし、すべての月で民放トップだった。

【写真】その他の写真を見る


 フジテレビ『とくダネ!』(前8:00〜9:50)、日本テレビ『スッキリ!!』1部(前8:00〜9:30)、TBS『ビビット』(前8:00〜9:55)の番組視聴率との比較によるもの。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

 15年10月からスタートし、3年半アシスタントを務めた宇賀なつみアナウンサーが3月30日をもって番組を卒業(テレビ朝日も退社しフリーに転身)。きょう4月1日から同局に入社したばかりの新人アナウンサー、斎藤ちはるが2代目アシスタントとして加わった。

 羽鳥慎一キャスターは「こういった結果はひとえに、番組を見てくださる方々のおかげです。これからも皆様に有益な情報を届けるように心がけ、真摯に頑張ってまいります」。小寺敦チーフプロデューサーは「多くの方にご支持頂けて感謝の気持ちでいっぱいです。今後も視聴者の皆様の信頼を裏切らない放送を心がけて参ります」とコメントしている。

関連写真

  • 2018年度、朝のワイドショー番組民放トップは『羽鳥慎一モーニングショー』(C)テレビ朝日
  • 2018年度、朝のワイドショー番組民放トップは『羽鳥慎一モーニングショー』(C)テレビ朝日

オリコントピックス

 を検索