BOΦWY『LAST GIGS』初の2日間全曲収録 31年を経てラストシーンが明らかに

 伝説のロックバンドBOΦWYが1988年4月4・5日の2日間にわたって東京ドームで開催した最後のライブ『LAST GIGS』で演奏した全曲を収録した4枚組アルバム『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』が、6月12日に発売されることが決定した。日ごとに分けた『LAST GIGS -1988.04.04-』と『LAST GIGS -1988.04.05-』も同時発売となる。

【写真】その他の写真を見る


 氷室京介(Vo)、布袋寅泰(G)、松井恒松(B)、高橋まこと(Dr)からなるBOΦWYは、1982年にアルバム『MORAL』でデビューし、人気絶頂期の87年12月24日に解散宣言。翌年4月、オープン直後の東京ドームで開催した『LAST GIGS』2daysのチケット10万枚は発売からわずか10分で完売となり、チケット争奪戦によって東京ドームのある文京区の電話回線がパンクしたほど絶大な人気を誇った。

 これまでにリリースされたアルバム『LAST GIGS COMPLETE』は、主に2日目(4月5日)のテイクを中心に、2日間の演奏からセレクトされたものだった。しかし、今回発売される『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』では、初めて2日間で披露した全曲を収録。2日間を1セットにしたCD4枚組と、各日に分けた2タイトル『LAST GIGS -1988.04.04-』『LAST GIGS -1988.04.05-』(各CD2枚組)が同時発売される。

 完全版とあり、ヒムロックの余りに有名な「まだまだ伝説になんかなんねーぞ!」のMCなども完全収録。88年4月5日に東京ドームにいた5万人だけが目撃することができた“本当の”ラストシーンが、31年の時を越えて明らかになる。

 なお、デビュー35周年にあたる2017年から、『CASE OF BOΦWY -THE ORIGINAL-』や、『1224』の高画質映像など、メモリアル・リリースを重ねてきたが、今作が本当に最後のリリースとなる。アルバム発売に先駆け、4月4日に東京・渋谷REXでスペシャルイベント『LAST GIGS -THE ORIGINAL- SPECIAL NIGHT IN SHIBUYA』の開催も決定。アルバム音源の先行試聴、『LAST GIGS』映像を大音響で鑑賞できる。

■BOΦWY『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』
▽1988年4月4日収録曲
PROLOGUE
B・BLUE
ハイウェイに乗る前に
BABY ACTION
BAD FEELING
1994 -LABEL OF COMPLEX-
DRAMATIC? DRASTIC!
MARIONETTE
わがままジュリエット
LONGER THAN FOREVER
CLOUDY HEART
WORKING MAN
PLASTIC BOMB
JUSTY
IMAGE DOWN
BEAT SWEET
NO. NEW YORK
ONLY YOU
DREAMIN’
【アンコール】
BLUE VACATION
ホンキー・トンキー・クレイジー
RENDEZ-VOUS
ON MY BEAT

▽1988年4月5日収録曲
PROLOGUE
B・BLUE
ハイウェイに乗る前に
BABY ACTION
BAD FEELING
1994 -LABEL OF COMPLEX-
DRAMATIC? DRASTIC!
MARIONETTE
わがままジュリエット
LONGER THAN FOREVER
CLOUDY HEART
WORKING MAN
PLASTIC BOMB
JUSTY
IMAGE DOWN
BEAT SWEET
NO. NEW YORK
ONLY YOU
DREAMIN’
【アンコール1】
ON MY BEAT
BLUE VACATION
RENDEZ-VOUS
【アンコール2】
ホンキー・トンキー・クレイジー
NO. NEW YORK

関連写真

  • 伝説のロックバンドBOΦWY(左から)布袋寅泰、氷室京介
  • 人気絶頂期に解散したBOΦWY
  • 4枚組アルバム『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』(6月12日発売)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索