• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • キンプリ、デニムスタイルで『anan』3度目カバー 「メンバーと暮らしたら?」語り合う

キンプリ、デニムスタイルで『anan』3度目カバー 「メンバーと暮らしたら?」語り合う

 人気グループ・King & Princeが、13日発売の女性グラビア週刊誌『anan』2143号(マガジンハウス)の表紙を飾ることが、明らかになった。同誌の表紙を飾るのは、デビュー日の昨年5月23日に発売され即完売・重版した2013号以来、早くも3度目となる。

 同号の特集「最先端の暮らし 2019」にちなみ、キンプリが演じたのは「家でのオフシーンの顔」。毛布にくるまってゴロゴロしたり、ぼーっとコーヒーを飲んだり、ゆっくり読書をしたり、朝シャン後に水を飲んだり……と、彼らの私生活をのぞき見しているようなリラックスした表情が切り取られている。

 そろってオールドデニムに身を包んだスタイリングでは、5人全パターンの2ショットが撮影され、“胸キュン”必至のコンビカットが満載。撮影中は手を引っ張り合ってクルクル回り、変なポーズで笑わせあい、なかなか手の位置が決まらない岸優太に茶々を入れ、とメンバーの仲良しな様子が伝わってくる写真となっている。

 ソロインタビューでは、それぞれの「今の生活・理想の暮らし」をトーク。平野紫耀は「僕は極度の面倒くさがりなので、自動で全身を洗ってくれるお風呂とか、歩かなくても進む機械がとかがあったら欲しいです(笑)」と語れば、永瀬廉は「俺は、めっちゃきれい好きですよ。どれだけ疲れててもお風呂に入るし、掃除も得意。洗濯は、面倒ですけどね…」と本音をのぞかせる。

 岸は「僕は最先端の暮らしをしている方です。最近は、廉からもらった最新のドライヤーも使っていますしね」と生活ぶりを明かすと、神宮寺勇太は「僕の暮らしは全然、最先端じゃない。パソコンももってないし…部屋で盆栽を育てているくらい、アナログです(笑)」と正反対。高橋海人は「僕の理想は、自然に囲まれた、広い庭つき一軒家に住むこと。メンバーと一緒に暮らすのも夢です。一人がとにかく苦手なので」と思いを打ち明けた。

 5人は「もし、メンバーと暮らしたら?」というテーマでの座談会も実施。写真とインタビューでキンプリの魅力をたっぷり味わうことができる。

オリコントピックス

 を検索