稲垣&草なぎ&香取、初ファンミに1.6万人熱狂 香取「アイドルは最高に楽しい」

 俳優の稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)が16日、東京・武蔵野の森スポーツプラザ メインアリーナで『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演を開催。『新しい地図』発足以来、初となるファンミーティングには、昼夜公演で計1万6000人のファンが駆けつけた。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、ファンクラブ会員『NAKAMA』の元に「3人そろって会いに行く」がテーマ。幕開けとなる昼公演では、ステージ上に3人が姿を見せると、ファン8000人から割れんばかりの大歓声が沸き起こり、オープニングから「雨上がりのステップ」などを披露。稲垣は「何かこの感じ久しぶり。出てくる時にウルッときちゃった」と感無量の表情を浮かべた。

 懐かしむようにオープニングトークに花を咲かせ、香取が「このセリフも久しぶり。『皆さん、一旦座りましょう』」と、おなじみのセリフで呼びかける。想像以上の盛り上がりに草なぎは「ミーティングだからもっと小さい場所かと思ってたからビックリしたよ。油断したよ」と目を丸くしていた。

 香取は「皆さんも久々。ありがとうね。最初の数曲でドッと疲れた。体だけじゃなく、このステージ(の熱気)を受け止める感じね」と充実感をにじませながら「皆さんに会える時間が来るなんて、1年前くらいには想像もできなかった」と感謝の思いを吐露。ファンたちも応えるようにサイリウムをきらめかせた。

 当初、想定していた「秋葉原の部屋でじゃんけん大会」を遥かに越える規模で行われた初日公演。その後のライブパートでも代表曲「72」などを熱唱し、ゲームコーナーでは、ステージ上にファンを招いて“超至近距離”で交流を深めた。香取は「今までの東京ドームではやらない。誰かが企画してもボツになってたと思う」と新たな挑戦を楽しんでいる様子だった。

 満員のステージを眺め「初めてのファンミーティング。みんなに会えて本当によかった。皆さんに支えられてここまで来れた。ここが始まり!」と香取。草なぎも「胸が熱くなりました。みんながいると心強い。一緒に今後も歩んでいきましょう!」と興奮気味に話し、稲垣は「すごく楽しかったし、これを続けていきたい。これからも一緒に人生を重ねていきましょう!」と笑顔で誓う。終演後には、3人がファンをお見送りするなど、最後までサービス心あふれたイベントとなっていた。

関連写真

  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演を開催(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進
  • 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演の模様 撮影:西脇進

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索