アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 蒼井優、舞台で成長実感「誠実に、清潔に、真面目に」 『紀伊國屋演劇賞』受賞

蒼井優、舞台で成長実感「誠実に、清潔に、真面目に」 『紀伊國屋演劇賞』受賞

 女優の蒼井優(33)が『第53回紀伊國屋演劇賞』の個人賞を受賞し30日、東京・新宿の紀伊國屋ホールで行われた贈呈式に出席。スピーチでは謙虚な姿勢で受賞への喜びを語った。

 蒼井は『アンチゴーヌ』、『スカイライト』における演技で受賞。「自分の中で明確に次の舞台ではこの課題をクリアしいていくことでしか、お世話になった演劇人に恩返しする術がない」と話し、「私は映画出身で、演劇の場に立つことがホームという感じがせず、緊張してしまう。けいこ場でも殻に閉じこもって、四苦八苦してきた」と舞台に立つことの悩みを打ち明けた。

 それでも、受賞作2本で「先輩方を見ていてすてきだなと思うのは、真っ直ぐ立っていること。今回の2本で、少しだけですけど、真っ直ぐ立つことができるようになったと思います」と自身の成長を実感。「才能があるタイプではないので、ひたすら誠実に、清潔に真面目に進んでいきたい」と、これからの女優業への意気込みを語った。

 同じく個人賞を受賞した段田安則(62)は「芝居を見ていて、正直“俺が一番うまい”と思うことがあります」と笑いを誘うも「何かが足りない。奥深いところで芝居をしろよと思う気持ちも同時にある。賞がもらえたということは、まだ芝居をしていいよ背中を押された気がする」と独特な表現で喜びを語り「この場所で初めて芝居を見て40年。さらに40年は無理ですが、後10年くらいかな。残りの役者人生のバネにして精進してまいります」と話した。

 同賞は1966年に創立され、毎年東京で上演された演劇公演を対象に選出。個人賞にはそのほか野村昇史、前田文子、長田育恵が選出された。団体賞は劇団文化座が受賞した。

関連写真

  • 『第53回紀伊國屋演劇賞』の個人賞を受賞した蒼井優 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第53回紀伊國屋演劇賞』の個人賞を受賞した段田安則 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019